2019/12/08

桂文我「子は鎹(かすがい)」ほか

【世紀末亭】2019年12月8日定期(リニューアル)アップ

●桂文我「子は鎹(かすがい)」:江戸落語「子別れ」
女グセの悪さゆえ、身勝手に女房子どもを家から放り出した男、二年経った今は心を入れ替え大工の棟梁として立派な仕事をするようになっている。今日しも得意先の番頭さんの希望で、茶室用の柱材を確認に出かけようと家を出たところ、偶然別れた子ども亀ちゃんと出会った。母親の育て方が良かったのか、亀ちゃんは父親を恨むこともなく、ごく自然に母子家庭の近況、生活の現状を語ってくれた。話を聞くうち、あしたまた鰻屋の二階で会おうということになり、小遣いを持たせて帰すのだが、息子が五十銭を握っているのを見つけた母は玄翁(げんのう:大きなカナヅチ)を振り上げ……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug202.htm

●桂米朝「法華坊主」:「鍬烏」「嫌い嫌い坊主」付き
頼る人に先立たれた若後家さんにとって、何かと相談に乗ってもらえるお寺さんというのは頼もしい存在であり、また心寂しさを埋めてくれる男性でもあるのです。七日七日のお勤め、三十五日、四十九日……、一周忌までは頻繁に出入りしても誰も怪しまず、いつしか女と男の関係になってしまった二人がありました。その晩も夜更けの闇に乗じて若後家さんを訪ね、添い寝の枕元で朝を迎えようとしていたそのとき……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug203.htm

             * * * * *

【DTM(MIDI)でクラシック/令和元年師走12月新譜】
DTM(MIDI) on モーツァルト・ピアノソナタ6番 ニ長調 K.284
W.A. Mozart Piano Sonata No.6 in D-major K.284
#Mozart #PianoSonata #No6 #K284
#DTM #MIDI #MIDIでクラシック

 1st movement : Allegro → 00:00
 2nd movement : Rondeau en Polonaise (Andante) → 05:30
 3rd movement : Variazione → 09:40
   Tema con variazione (Andante), Var.1 (Andante),
   Var.2 (Andante), Var.3 (Andante), Var.4 (Andante),
   Var.5 (Andante), Var.6 (Andante), Var.7 (Minore andante),
   Var.8 (Maggiore), Var.9 (Maggiore), Var.10 (Maggiore),
   Var.11 (Adagio contabile), Var.12 (Allegro).

DTM(MIDI)でクラシック、今回はモーツァルトのピアノソナタ・シリーズより『6番 ニ長調 K.284』をご紹介します。

若い番号のソナタは聴く機会がほとんどなく、ほぼ初見で手探り状態の作業のため標準演奏とかけ離れた品になるかもですが「モーツァルトらしく」を心掛けながら【謎】作業を進めています。お時間許せばお付き合い願いたいと思います。

回のプログラミングでも、左手の音量を右手マイナス6と機械的に決め、左手を強調する要所のみ右手対比音量を上げる、という基本手法をとりました。また、強音の部分は速く演奏し、弱音の部分は遅く演奏するというパターン化を踏襲しています。こうすることによって修飾の手間を省こうという魂胆です。やっぱり、モーツァルトは単純そうで奥深く、気難しそうで無邪気で、そして可愛い。

スコア:IMSLP/Petrucci Music Library 所蔵
    Sigmund Lebert, William Scharfenberg 編
    "19 Sonatas for the Piano, Sonata XV (pp.215-37)"
    New York: G. Schirmer, 1893. Plate 11148. 出版
シーケンサー:シンガー・ソング・ライター(Win-SSW)
MIDI音源:ローランド(Roland)SC-88VL
制作期間:2019年9月29日-2019年11月25日
MIDIクリップ制作:仮隠居

●下記URLに過去作品取り揃えております。
http://www.youtube.com/user/BYR00746#p/u

【注意 notice】
この音楽はパーソナル・コンピューターで私自身がプログラムしたMIDIファイルを演奏しています。
This music is performing the MIDI file programmed for myself with the personal computer.
この音はシンセサイザー(ローランド SC-88VL)によって作られています。
This sound is made by the synthesizer (Roland SC-88VL).

             * * * * *

【輪行・ポタリング記録】
No.057■2019/12/01 甘樫丘で紅葉ランチポタ(距離14.53/時間1:05/平均13.3/最高21.0)

出発
 ↓ ポタ
布施駅
 ↓ 近鉄・大阪線(570円)
大和八木駅
 ↓ ポタ
甘樫の丘(ランチ:セブンイレブン大和八木南口店「鉄鍋チャーハン弁当」)
 ↓ ポタ
大和八木駅
 ↓ 近鉄・大阪線(570円)
布施駅
 ↓ ポタ
帰宅

▼ 本日のランチ処:飛鳥・甘樫丘

2019120102

▼ 本日のランチ:セブンイレブン大和八木南口店「鉄鍋チャーハン弁当」

2019120101

| | コメント (0)

2019/01/13

桂吉朝「昆陽の御池」ほか

【世紀末亭】2019年1月13日定期(リニューアル)アップ

●桂吉朝「昆陽の御池」:江戸落語「唖の釣り」
釣り好きの甚兵衛さんを訪ねた男、若い連中が「釣りする人間はアホや、それを横手で見てる人間はもっとアホや」と話していたというと、戎っさん、神功(じんぐう)皇后、武内宿禰(たけのうちのすくね)、太公望、周の文王(ぶんのう)の話を持ち出され、グウの音も出ないほどやり込められた。そればかりか、釣りで金儲けができると聞き、さっそくその仲間に入れてもらうことに。が、その金儲けの釣りとは殺生禁断の昆陽(こや)池で鯉を釣り盗る危ない商売だった……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug158.htm

●桂ざこば「強情」
Aが「ある時払いの催促無し、無利子・無証文で」と貸してくれた金を、Bは「自分で1か月の期限を切って」返そうと、Cに「1か月の期限で金を借り」Aに返しに行くと、Aは「借りた金は受け取れん、余った金ができたら返しに来い」と追い返した。Bは仕方なくCに金を返しに行くと、Cは「決めた期限は1か月、受け取れん。Aに持って行け」と追い返される。そこでBはAに「自分で1か月と期限を切った……」と説明すると何とか受け取ってもらえそうだ。しかしAは「正確な1か月は明朝10時なのでそれまでは受け取れん」という……、ん~ん(説明するのが難しい)
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug159.htm

             * * * * *
【DTM(MIDI)でクラシック 2019ニューイヤーコンサート】

■DTM(MIDI) on シュトラウス兄弟の『ピツィカート・ポルカ』
Johann Strauss II and Josef Strauss "Pizzicato Polka"

■DTM(MIDI) on ワルツ『ウィーン気質』
J. Strauss II "Wiener Blut Walzer" Op.354

■2019 カリンキョフィル・ニューイヤーコンサート
 2019 Karinkyo Phil New Year's Concert
http://www.youtube.com/playlist?list=PLAPetwAxS4N1y6n-hxiuKtRRUXhwPrKIX

DTM(MIDI)でクラシック、新年に「カリンキョフィル・ニューイヤーコンサート」をやりたいなと思い立ったのが6年前、今春の追加曲は『ピツィカート・ポルカ』、『ワルツ・ウィーン気質』の2曲です。

『ピツィカート・ポルカ』は2013年に開催された "Boyne Cello Festival" で演奏するため Gwyn Seymour 氏によって編曲された「6台のチェロによるスコア」からプログラミングしています。今回初めて IMSLP/Petrucci Music Library(国際楽譜ライブラリープロジェクト)所蔵の著作権フリー楽譜をダウンロードして使用させていただきました。『ワルツ・ウィーン気質』も同じく IMSLP/Petrucci Music Library のお世話になっております。

オフラインでは、入力したい曲のスコアを手に入れるために大型書店のショボい楽譜コーナーに出かけ、目を凝らしてもなかなか見つけることができず、何軒もハシゴしてやっとあれば幸い、在庫なしで徒労に終わることが多くありました。ネットショップを利用するようになってからは多少その手間が省けるようになりましたが、それでも現在入手可能なスコアのなんと少ないことか。

で、以前から気になっていた「ペトルッチ楽譜ライブラリー」を探検してみたところ、その豊富な収録数に「これは使わせていただくしかない」と早速プリンターを買い込んでダウンロードさせていただいております。当たり前の話ですけど、現在書店に並んでいるスコアも著作権保護期間70年を過ぎたスコアも、中身はなんら変わらないのね。

スコア:Gwyn Seymour 編曲、IMSLP/Petrucci Music Library 所蔵
    『Johann Strauss II and Josef Strauss "Pizzicato Polka" (6-part Cello Orchestra)』
制作期間:2018年10月27日-12月17日
スコア:Ernest Eulenburg 版、IMSLP/Petrucci Music Library 所蔵
    『J.Strauss "Wiener Blut Walzer" Op.354』
制作期間:2018年10月11日-12月17日
シーケンサー:シンガー・ソング・ライター(Win-SSW)
MIDI音源:ローランド(Roland)SC-88VL
MIDIクリップ制作:仮隠居

●下記URLに過去作品取り揃えております。
http://www.youtube.com/user/BYR00746#p/u

【注意 notice】
この音楽はパーソナル・コンピューターで私自身がプログラムしたMIDIファイルを演奏しています。
This music is performing the MIDI file programmed for myself with the personal computer.
この音はシンセサイザー(ローランド SC-88VL)によって作られています。
This sound is made by the synthesizer (Roland SC-88VL).

             * * * * *
【輪行・ポタリング記録】

No.056■2019/01/04 満願七年計画・大阪七福神めぐり初詣ポタ2019【結願】
(距離21.73/時間1:43/平均12.6/最高27.0)
走路軌跡:2014年とほぼ同コース
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=e830c7b21aa92799dbb19288fe4bb548

毎年、初詣に大阪七福神をめぐって1社で御朱印を授かり、7年かけて満願を目指す「満願七年計画・大阪七福神めぐり初詣ポタ」2013年1月3日の三光神社・寿老神参拝から2019年1月4日の四天王寺布袋堂・布袋尊参拝でやっと結願の日を迎えました。

と言っても、何か願をかけての七年計画ではなくただひたすら巡っただけですので、いわばポイントカードが満杯になったという感じでしょうか。このポイントを使えば七つの願い事を叶えてもらえると勝手に決めて、さて何をお願いしようかしらと心ワクワクな今日この頃。

出発
 ↓ ポタ
三光神社・寿老神・天王寺区玉造本町(2013年授印済)
 ↓ ポタ
長久寺・福禄寿・中央区谷町8丁目(2014年授印済)
 ↓ ポタ
法案寺・弁財天・中央区島之内2丁目(2015年授印済)
 ↓ ポタ
千日前・司光(パイプタバコ購入)
 ↓ ポタ
宝満寺(大乗坊)・毘沙門天・浪速区日本橋3丁目(2016年授印済)
 ↓ ポタ
大国主神社・日出大国神・浪速区敷津西1丁目(2017年授印済)
 ↓ ポタ
今宮戎神社・えびす大神・浪速区恵美須西1丁目(2018年授印済)
 ↓ ポタ
四天王寺布袋堂・布袋尊・天王寺区四天王寺1丁目(●2019年授印)
 ↓ ポタ
帰着

▼ 満願七年計画、2013年=三光神社・寿老神、2014年=長久寺・福禄寿、2015年=法案寺・弁財天、2016年=宝満寺・毘沙門天、2017年=大国主神社・日出大国神、2018年=今宮戎神社・えびす大神、2019年=四天王寺布袋堂・布袋尊

2019010401

▼ 四天王寺五重塔

2019010402

▼ 四天王寺布袋堂

2019010403

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/21

桂米朝「饅頭こわい」ほか

【世紀末亭】2018年1月21日定期(リニューアル)アップ

●桂米朝「饅頭こわい」
若い連中が集まって好きなもの・恐いものをワイワイ言い合っていると、なかの一人が「饅頭が恐い」と言いだした。「丸くて二つに割ると中から餡の出てくる、あの饅頭か?」確認のため問い直すと「聞いただけで震えが……」と帰ってしまった。日ごろ乙にすましているこの男を困らせてやろうと、薯蕷饅頭、栗饅頭、蕎麦饅頭、田舎饅頭、ケシ餅、太鼓饅頭を持って押しかけ投げつけるが、困るどころかムシャムシャ食べてしまう音がするではないか。騙されたと気がついて「本当は何が恐い?」「今度は熱いお茶が恐い」ドンドン……、これで面白がってるのは東京落語、大阪落語の面白さは途中に出てくる親っさんが語る「恐いもの」にあるのを思い知るがいい(笑)
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug109.htm

●桂米朝「狸の賽」
「お母ちゃんがな、恩を受けて返さなんだら、人間といっしょや言ぅてました」と、律儀にも昼間助けた豆狸(まめだ)が恩返しに来た。これ幸い、サイコロに化けさせて博打に勝とうと企てた男、さっそく賭場に乗り込んで狸のサイコロを振りはじめる。「た~ちゃん、六やで、六」声をかけると六の目が出る、「た~ちゃん、三、三」三の目が、しかし不審に思った仲間から「数を言ぅな」と止められさぁ大変……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug110.htm

             * * * * *
【輪行・ポタリング記録】
■2018/01/06 満願七年計画・大阪七福神めぐり初詣ポタ2018
(距離21.24/時間1:35/平均13.2/最高25.0)
走路軌跡:以前とほぼ同コースのため省略
「大阪七福神」を巡拝しながら一寺社でご朱印を受領し、七年で満願成就しようという、その六年目。

出発
 ↓ ポタ
三光神社・寿老神・天王寺区玉造本町(2013年授印済)
 ↓ ポタ
長久寺・福禄寿・中央区谷町8丁目(2014年授印済)
 ↓ ポタ
法案寺・弁財天・中央区島之内2丁目(2015年授印済)
 ↓ ポタ
千日前・司光(パイプタバコ購入)
 ↓ ポタ
宝満寺(大乗坊)・毘沙門天・浪速区日本橋3丁目(2016年授印済)
 ↓ ポタ
大国主神社・日出大国神・浪速区敷津西1丁目(2017年授印済)
 ↓ ポタ
今宮戎神社・えびす大神・浪速区恵美須西1丁目(●2018年授印)
 ↓ ポタ
四天王寺布袋堂・布袋尊・天王寺区四天王寺1丁目
 ↓ ポタ
近鉄百貨店東大阪店・551蓬莱(豚まん・焼売購入)
 ↓ ポタ
帰着

2018010601

写真:満願七年計画、2013年=三光神社・寿老神、2014年=長久寺・福禄寿、2015年=法案寺・弁財天、
2016年=宝満寺・毘沙門天、2017年=大国主神社・日出大国神、2018年=今宮戎神社・えびす大神、
551蓬莱=初豚まん、初焼売

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/20

桂米朝「たちぎれ線香(上・下)」ほか

【世紀末亭】2017年8月20日定期(リニューアル)アップ

●桂米朝「たちぎれ線香(上・下)」
若旦那が「紀ノ庄」の小糸と出会ったのは、親旦那の代理で仲間内の寄り合いに出た酒席であった。お互い一目で惹かれ合い、周りの意見も耳に入らず通い詰めるありさまに、番頭は主人・親戚を説き伏せ、蟄居生活で自分を取り戻させようと百日間の蔵住まいを命じる。いっぽう、小糸はその日を境に若旦那からの連絡が途絶え、心配がつのり毎日手紙を届け続けるが、一言の返事ももらえず心労のあまり憔悴しきって病に臥せってしまう。やがて百日の謹慎が解けた日、紀ノ庄へ駆け込んだ若旦那の目にしたものは、真新しい小さな位牌であった……
「たちぎれ線香(上)」http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakugo86.htm
「たちぎれ線香(下)」http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakugo87.htm

●桂米朝「足上り」
番頭さんのお供で芝居見物に付き合い、お小遣いまでもらって一足先に店へ帰って来た定吉を待ち構えていたのは大旦那の詰問だった。番頭さんの立場を慮り、多少はつじつま合わせの抵抗をするのかと思いきや、あっさり「番頭はん、あんたぎょ~さんお金持ってはりまんねやなぁ?」「お前も今に分かる、これはみな筆の先から出るんや」「えぇ筆持ったはりますなぁ番頭はん、わてもそんな筆があったら一本欲しぃわ」の会話まで白状して完落ちしてしまったから大変。番頭さんの運命やいかに……?
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakugo88.htm

             * * * * *

【ランチポタ・シリーズ その27】
■2017/08/12 天王寺公園・バインミーランチポタ
(距離19.57/時間1:25/平均13.6/最高28.5)
走路軌跡:

ベトナムのソウルフード「バインミー(サンドイッチ)」が気になって、一度食してみたいものだと長年渇望していたところ、ひょんなことから大阪にベトナム人店主が営む、その名も「バインミー・ベトナム」という店があるのを発見しました。

比較的ご近所、天王寺ということもあり、行けそうで行かなかった天王寺公園でのバインミーランチポタを敢行。

出発
 ↓ ポタ
バインミー・ベトナム(ランチ購入:バインミースペシャル+ココナッツジュース)
 ↓ ポタ
天王寺公園(ランチ・園内散策)
 ↓ ポタ
帰宅

 ▼ 本日のランチ処:天王寺公園
Cimg8714

 ▼ 本日のランチ:バインミースペシャル+ココナッツジュース(バインミー・ベトナム)
Cimg8721

 ▼ 立体駐車場風超高層ビル・あべのハルカス
Cimg8707

 ▼ 茶臼山
Cimg8711

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/26

桂枝雀「水屋の富」ほか

【世紀末亭】2017年3月26日定期(リニューアル)アップ

●桂枝雀「水屋の富」
千両富の特賞を見事獲得した水屋さんでしたが、聞きつけた隣近所はおろか親戚縁者、はたまた「イトコの妹の嫁ぎ先の姉さんの旦那のイトコのフタマタイトコ」というような者までもが、その金を目当てに押し寄せて来ます。たまらんようになってお寺の住職に相談に行くと、住職までもが寺の修繕のため寄進につけと金の無心。世の中すべて自分の金を狙っているような気持ちになった水屋さんは……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakugo65.htm

●桂米朝「禍は下」
「網打ちの舟遊びに行く」と店を出た大旦那だが、実はお手掛けさんのところへ来たのだった。夜には帰る腹積もりをしていたものの急に泊まることになり、お供の定吉だけ夜更けて一人店に帰ることになる。言い付けどおり、アリバイ工作として「網で獲れた魚」の土産を買い、店に戻ると御寮人(ごりょん)さんが待ち受けていた。目刺し、ジャコ、カマボコの土産に危うく嘘がバレそうになるが「魚を野犬に食われ、代わりに買った」と何とか言い逃れる。しかし、御寮人さんの目は節穴ではない……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakugo66.htm

             * * * * *

【ランチポタ・シリーズ その26】
■2017/03/17 大阪城公園・観梅ランチポタ(距離21.38/時間1:39/平均12.8/最高28.0)
走路軌跡:省略

昨年同様「枚岡梅林」に出かけようと咲き加減を調べてみると、重篤な伝染病の蔓延で全樹伐採したらしく3年間は観梅不可能と知った先週末。出る気をそがれてダラダラしていても、すぐそこに迫った桜の開花までズルズルしてしまいそうなので、外気温15℃の宣伝につられミナミへの買い物がてら大阪城公園梅林まで足を延ばしてみました。

なるほど彼岸の入りともなると直射日光は突き刺さるような暑さを感じ、真冬の装束に汗まみれの観梅ランチポタになりました。

出発
 ↓ ポタ
大阪城公園梅林(ランチ:おにぎりセット・デイリーヤマザキ森ノ宮中央店)
 ↓ ポタ
千日前:買い物(司光)
 ↓ ポタ
帰宅

 ▼ 本日のランチ処:大阪城公園梅林
Cimg8633


 ▼ 本日のランチ:おにぎりセット(デイリーヤマザキ森ノ宮中央店)
Cimg8622


 ▼ 城見梅
Cimg8635

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/20

桂枝雀「胴切り」ほか

【世紀末亭】2016年11月20日定期(リニューアル)アップ

●桂枝雀「胴切り」
ある男、風呂の帰り道辻斬りに遭い、ヘソを境に上下真っ二つに切り分けられてしまう。ちょうど通りかかった友人に助けられ連れ帰ってもらい、一晩明けると不思議なことに胴も足もそれぞれが達者で生命に支障はなさそうだ。とすると、次に考えないといけないのは仕事の心配だが、これも友達の紹介で胴は憧れの風呂屋の番台へ、足は麩の職人へと就職する。しばらく経ったある日、風呂屋の胴を訪ねると……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakugo48.htm

●桂枝雀「千両みかん」
さるご大家の若旦那が気病(きやまい)で寝込んでしまう。番頭が思い悩んでいるそのわけを聞き出すと「今すぐ、蜜柑が食べたい」と言うではないか「そんなもの幾らでも食べさしましょ」安請け合いをしたものの季節は土用、夏の盛り、蜜柑などあろうはずもない。死ぬ思いで天満の蜜柑問屋を探し出し、腐った残り蜜柑のカゴの中から奇跡的にたった一つ、艶々とふっくらした無傷の蜜柑を見付け出すことができたのだが……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakugo49.htm

             * * * * *

【輪行・ポタリング記録】
No.053■2016/11/17 飛鳥の里でランチポタ(飛鳥川自転車道)
(距離34.25/時間2:35/平均13.2/最高28.3)

走路軌跡(思い出しながら):


出発
 ↓ ポタ
布施駅
 ↓ 近鉄大阪線(560円)
大和八木駅
 ↓ ポタ
甘樫の丘(ランチ:近鉄橿原店・551蓬莱の豚まん)
 ↓ ポタ
岡寺
 ↓ ポタ
大和高田駅
 ↓ 近鉄大阪線(440円)
布施駅
 ↓ ポタ
帰宅

 ▼ 本日のランチ処:国営飛鳥歴史公園・甘樫の丘
Cimg8430

 ▼ 本日のランチ:551蓬莱の豚まん(近鉄橿原店)
Cimg8433

 ▼ 国営飛鳥歴史公園・甘樫の丘
Cimg8435

 ▼ 岡寺
Cimg8446

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/06

桂枝雀「壺算」ほか

【世紀末亭】2016年3月6日定期(リニューアル)アップ

●桂枝雀「壺算」
宿替え早々水壷が割れてしまい、どうせなら今までの倍入る二荷入りの壷に買い換えようと、買い物上手な友人の徳さんを頼ってきた男、言われるまま朸(おうこ=天秤棒)を持って瀬戸物町へとやって来た。と、徳さんはなぜか一荷入りの壷を買うではないか。不審に思い尋ねると「この壷が今に二荷入りになる」風に当たると膨れるのか知らん? 思いながら担いで角を曲がり、そして曲がり、なおも曲がると元の瀬戸物屋へ逆戻り。さて、ここから徳さんの「買い物上手」が展開されるのだが、続きはワンクリック↓
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakugo12.htm

●桂枝雀「はてなの茶碗」:江戸落語「茶金」
京都は清水寺境内音羽ノ滝前、担ぎの油屋さんが茶店で一服していると、近くに腰掛けた上品な旦那衆が茶碗を手に持ちシゲシゲと眺めながら「はてな?」一言残して去って行った。この旦那、名を金兵衛といい茶道具を扱っては京一と名高い人物。その茶金さんが目を着けた品物だからきっと名品に違いない、うまくいけば一攫千金も夢ではない。即座にひらめいた油屋さんは茶碗を手に入れ茶金さんの店を訪ねる、しかし、ただの水漏れ欠陥安茶碗と知れ噺はここでお終い。かと思うとさにあらず、茶碗は茶金さんの手に渡り、お公家さんの目にとまり、時の帝(みかど)の目にとまり、鴻池善右衛門の手に渡るころには千両の値打ちが……。わたしにもできるお金儲けの方法、こちらをクリック↓
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakugo13.htm

             * * * * *

【ランチポタ・シリーズ その25】
■2016/02/19 枚岡梅林・観梅ランチポタ(距離15.66/時間1:12/平均13.0/最高31.3)
走路軌跡:省略

今年の梅シーズン、暖冬で咲き始めが早いだろうとの予想で出かけてみたものの、やっぱり世間は二月半ば過ぎ、梅もそうそう早く咲くわけにはいきませんわなぁ。蕾は膨らんでいましたが、しっかり咲いているのはまだ数少なく、それでもふくよかな梅の香漂う暖かなランチポタでした。

出発
 ↓ ポタ
枚岡梅林(ランチ:牛肉のサラダ巻弁当・花まる亭)
 ↓ ポタ
帰宅

 ▼ 本日のランチ処:枚岡梅林
Cimg8316

 ▼ 本日のランチ:牛肉のサラダ巻弁当(花まる亭・瓢箪山店)
Cimg8311

 ▼ 呉服枝垂(くれはしだれ)
Cimg8325

Cimg8326

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/10

桂枝雀「風邪うどん」ほか

【世紀末亭】2016年1月10日定期(リニューアル)アップ

●桂枝雀「風邪うどん」:江戸落語「うどんや」
寒風吹きすさぶ真冬真夜中「♪うど~んえ~、そやうぃ~」うどん屋さんが流していると、後ろでボソボソッという声がした。なんじゃろかい? と振り返ると、路地の奥に十数人集まって博打をやっている連中が、世間をはばかり小声でうどんを注文にやって来たのだ。思いがけずひと所で十杯の商いに気を良くしたうどん屋さん、なおも「♪うど~んえ~、そやうぃ~」と、またもやしわがれた小声で「うどん屋」呼び止められる。また十杯売れるかも? 取らぬ狸の皮算用をするのだが……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakugo04.htm

●桂枝雀「青菜」
仕事がひと区切りついたので、ちょっと早目の帰り支度をする植木屋さんに、労をねぎらうためでしょう「お酒の相手をしてもらえんか?」と旦那が声をかけた。暑い盛り、鯉の洗いを肴に程よく冷やした柳蔭(やなぎかげ)をいただき歓談しているうち「青菜はいかがかな?」奥さんに持って来るよう伝えるが「鞍馬から牛若丸が出でまして、名も九郎判官」という返事。すると旦那は「義経、義経」何のことやらさっぱり分からん植木屋さん、どういう意味かと尋ねると……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakugo05.htm

             * * * * *

■2016/01/04 大阪七福神めぐり初詣ポタ2016(距離26.65)
走路軌跡(Atlas ASG-CM12):毎年ほぼ同コース

「大阪七福神」を巡拝しながら、一寺社でご朱印を受領し、七年間で満願しようという、その四年目。

出発
 ↓ ポタ
三光神社・寿老神・天王寺区玉造本町(2013年授印済)
 ↓ ポタ
長久寺・福禄寿・中央区谷町8丁目(2014年授印済)
 ↓ ポタ
法案寺・弁財天・中央区島之内2丁目(2015年授印済)
 ↓ ポタ
宝満寺(大乗坊)・毘沙門天・浪速区日本橋3丁目(●2016年授印)
 ↓ ポタ
大国主神社・日出大国神・浪速区敷津西1丁目
 ↓ ポタ
今宮戎神社・えびす大神・浪速区恵美須西1丁目
 ↓ ポタ
四天王寺布袋堂・布袋尊・天王寺区四天王寺1丁目
 ↓ ポタ
帰宅

 ▼ 満願七年計画、2016年=宝満寺(大乗坊)・毘沙門天

Cimg8301

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/12/06

桂九雀「淀の鯉」ほか

【世紀末亭】2015年12月6日定期(リニューアル)アップ

●桂九雀「淀の鯉」:原作・中川清(桂米朝)氏
播磨屋の旦さんは少々ワガママなところのある客である。言いたいことを言うため、ほとんどの板前ではテコに合わないのだが、喜助だけは気に入られ可愛がられている。今日も淀川での船遊びに連れて行き、船上で料理をさせて楽しもうと考えた。けれども板場の喜助はいたっての船嫌い、そこで太鼓持ちの一八が策を練って船に乗り込ませると……(米朝師匠、21歳に書き下ろした擬(偽)古典落語)
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug496.htm

●桂枝雀「船弁慶」
ある暑い夏の午後、仕事に精出している喜六のところへ友達の清八が顔を出した。今宵、ワレかオレかの親友ばかりが集まって、出し合いで舟遊びをしようという相談である。三円の割り前は痛いが遊びに行きたいと心を決め、着替えをしているところに帰って来たのが、雷のお松と異名をとるほど口うるさい女房のお松さん。何とか誤魔化し大川へ向かったものの、後刻、雷のお松っつぁんが夕涼みに難波橋(なにわばし)へ出かける予定であることを知るよしもなかった……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakugo01.htm

             * * * * *

【輪行・ポタリング記録 その52】
■2015/11/16 飛鳥原でランチ輪ポタ(飛鳥川自転車道)
(距離22.00/時間1:36/平均13.6/最高23.7)

走路軌跡(思い出しながら):

“ここへ出かけたい”と思うところが見つからず、気が付けば半年以上も自転車で遠出していません。これでは道具も寂しかろう、ということで、まいどお馴染み「飛鳥の里」をちょろっと走ってみました。時期がまだ早かったのか今年のデキが悪いのか、期待していた紅葉は空振りぎみでした。残念。

出発
 ↓ ポタ
布施駅
 ↓ 近鉄大阪線(560円)
大和八木駅
 ↓ ポタ
甘樫の丘(ランチ:布施近鉄百貨店・551蓬莱の豚まん)
 ↓ ポタ
大和高田駅
 ↓ 近鉄大阪線(440円)
布施駅
 ↓ ポタ
帰宅

 ▼ 本日のランチ処:国営飛鳥歴史公園・甘樫の丘
Cimg8276

 ▼ 本日のランチ:551蓬莱の豚まん(布施近鉄百貨店)
Cimg8268

 ▼ 自転車専用道路(大和八木駅側入口付近)
Cimg8264

 ▼ 和田池に映る甘樫の丘
Cimg8277

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/04/05

(六代)笑福亭松鶴「貝野村」ほか

【世紀末亭】2015年4月5日定期(リニューアル)アップ

●(六代)笑福亭松鶴「貝野村」:江戸落語「海野村」
船場のさるご大家の若旦那(二十二歳)は町内で今業平と呼ばれる美男かつ商売熱心な方で、番頭を連れましてひと月あまり九州を商用に回って帰ってまいります。帰って何が楽しみかと申しますと、丹波から女中奉公に来ているおもよ(十八歳)に風呂で背中を流してもらい、食事の世話をしてもらうこと、のはずだったのですが、そのおもよが「母病気」の知らせで里へ帰り、代理おもよと入れ替わっていたものですから、ドッと床に着いたきり伏せってしまったのです。なぜ伏せってしまったのかと申しますと、ほれ、あの病気、お医者さまでも草津の湯でも……♪
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug464.htm

●(初代)桂小文治「木津川」:小文治創作落語?
真島は久しぶりに大学時代の友人である、長円寺の住職・佐伯の元を訪れた。ある研究のため話を聞こうと寺へ向かったのだが、あいにく本人は留守。おかしなことに応対した寺男は話を曖昧にはぐらかし、いつ戻るとも教えてくれない。仕方なく近くの宿に部屋を取り、詳しい経緯を番頭に尋ねると「女性関係のもつれから一人の女を自害させ、その呵責により千尋の藪へこもったきり出てこない」と言う。そこで、番頭に案内を乞うて藪の奥深く分け入ってみると……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug465.htm

             * * * * *

【輪行・ポタリング記録 その51】【ランチポタ・シリーズ その24】
■2015/04/02 八幡市背割堤桜輪ポタ(八幡木津自転車道線)
(距離43.16/時間3:09/平均13.6/最高30.9)

走路軌跡(参考):

今年の桜シーズン、月曜は晴れたので大川へ出かけたけれど4分咲きで欲求不満。火曜は用事、水曜は雨で明日から来週半ばまで雨マークが並んでいる。ということは、今日の晴れを逃すと今年のシーズンを逃すのと同等ですわ、これは出なければならんでしょ。久しぶりに長距離を走ってきました。

出発
 ↓ ポタ
門真市駅
 ↓ 京阪本線(330円)
八幡市駅
 ↓ ポタ(八幡木津自転車道線)
背割堤桜鑑賞
 ↓ ポタ
京田辺市(ランチ:白身フライのり弁当(ローソン京田辺大住店)
 ↓ ポタ(八幡木津自転車道線)
木津駅
 ↓ JR奈良・関西・おおさか東線(760円)
JR河内永和駅
 ↓ ポタ
帰宅

 ▼ 八幡市背割堤桜その1
Cimg8179

 ▼ 八幡市背割堤桜その2
Cimg8200

 ▼ 本日のランチ処:八幡木津自転車道・京田辺市大住付近
Cimg8189

 ▼ 本日のランチ:白身フライのり弁当(ローソン京田辺大住店)
Cimg8188

 ▼ 木津の流れた橋
Cimg8186

 ▼ 立って、立ってんねんな鉄塔
Cimg8198

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧