« (四代)桂文団治「文団治小咄」ほか | トップページ | (二世)曽呂利新左衛門「恵比寿小判」ほか »

2020/07/26

(二代)林家染丸「電話の散財」ほか

【世紀末亭】2020年7月26日定期(リニューアル)アップ

●(二代)林家染丸「電話の散財」
道楽者の息子に手を焼くというのが世間一般の通り相場なのに、こちらは真面目一方の息子が、茶屋通いに明け暮れる親父さんを持て余している。今日も「選挙運動中はしばらく家から出てくださるな」と、言い残して事務所へ出かけた、その隙を狙ってミナミの馴染み芸者を訪ねようとするのを呼び止めた番頭さん「若旦那からきつく言われているので、どうぞ今日のところはお出ましにならんように。ここはひとつ、電話で散財されてはいかがです」電話口に芸者を呼び、ご陽気に歌わせ騒ごうというのだが……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug234.htm

●(二代)桂塩鯛「廻り猫」
以前飼っていた猫が気弱な猫で、ネズミに追い回されて井戸にはまって死んだことから、今度もらってきた仔猫には強い名前を付けようと、店の者一同無い頭をひねることになる。番頭が言うには「強いのは武蔵坊弁慶が一番」と、丁稚が口を挟んで「弁慶より牛若丸のほうが強い」と、別の丁稚が「牛若丸より、剣術を教えた鞍馬の天狗のほうが強い」「天狗より……」さて、廻りまわって行き着く名前は?
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug235.htm

|

« (四代)桂文団治「文団治小咄」ほか | トップページ | (二世)曽呂利新左衛門「恵比寿小判」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (四代)桂文団治「文団治小咄」ほか | トップページ | (二世)曽呂利新左衛門「恵比寿小判」ほか »