« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020/06/28

(初代)桂ざこば「脱線車掌」ほか

【世紀末亭】2020年6月28日定期(リニューアル)アップ

●(初代)桂ざこば「脱線車掌」
大阪市電・南北線に乗車する車掌さん、今日は待ちに待った月給日である。メリケンパブ屋でちょっとアルコール補給ののち、業務の余禄どこまで乗ってもタダの市電に乗り込み「公園南一丁目」で降り立つと、そこはあの男の歓楽街「飛田新地」の入口だった。中に入ればさっそく客引きが声をかけ、上がったところ出て来た初会の相方は「わたし、女学校のころ市電通学していたの、あなたの顔を覚えているわ」と言いだしたではないか……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug230.htm

●(二代)桂歌之助「書割盗人」:江戸落語「だくだく」
甚兵衛さんがマッタリとした時間を楽しんでいるところへ、世の中の常識に全くとらわれず自由な心で生きているヤモメが飛び込んで来た。話を聞けば、そんな自由なヤモメが近所に宿替えして来たらしい。ただし「宿替えした家があまりにボロボロなので、真っ白い紙を部屋一面に貼ったら、病気で入院しているようで居心地が悪い。そこで絵心のある甚兵衛さんに所帯道具一切を芝居の書割のように描いてもらい、モノがある態(たい)、つもりで生活したいので描いて欲しい」というではないか。頼みに応じ部屋の調度を描き上げたその夜更け……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug231.htm

| | コメント (0)

2020/06/14

桂米朝「松医者」ほか

【世紀末亭】2020年6月14日定期(リニューアル)アップ

●桂米朝「松医者」
「大事に大事に育てている盆栽の松が、最近どうも勢いがなく、出入りの植木屋に相談しても『手の施しようがない』と見放され、ご隠居はすっかり塞ぎこんでしまっている」と、徳さんから聞いて、喜ぃさんは小遣い稼ぎの方法を考えだしたのだった。植木医者だと称し盆栽を二十日ほど預かり、そのあいだによく似た盆栽を見つけスリ替えようというのだが……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug228.htm

●桂さん福「しの字丁稚」
暇をもてあましたご隠居は、口達者な丁稚の定吉を相手に「当てもん」なぞなぞをして時間を潰そうと考えた。が、子どもにしては頭の回転が早い定吉にことごとく言い負けてしまう。そこで「死ぬ、しくじる、終いになる」の頭文字「し」は縁起が悪いので「し」の付く言葉を禁止すると言い出した。しの字を言わそうといろいろ仕掛けるものの、そこは定吉、やっぱりなかなか引っかからない。それではと「しびれ」を切らせるために定吉を正座させ、銭四貫四百四十四文(しかんしひゃくしじゅ~しもん)を勘定させることに……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug229.htm

             * * * * *

【DTM(MIDI)でクラシック/令和2年水無月6月新譜】
DTM(MIDI) on ドビュッシー・ベルガマスク組曲 L.75
C.A. Debussy Suite Bergamasque L.75
 #Debussy #SuiteBergamasque #L75
 #DTM #MIDI #MIDIでクラシック

 第1曲:前奏曲 (Prelude) → 00:00
 第2曲:メヌエット (Menuet) → 04:28
 第3曲:月の光 (Clair de Lune) → 08:15
 第4曲:パスピエ (Passepied) → 12:39

DTM(MIDI)でクラシック、今回はドビュッシーのピアノ曲より『ベルガマスク組曲 L.75』をご紹介します。

この作品、何といっても第3曲の「月の光」が大変耳に馴染みのある彼の看板曲になっています。日頃ベスト盤で紹介される頻度も高いので単独で聴く機会が多いと思いますが、改めて組曲全体を通して聴いてみると、新たな心情がわいてくるかも。

DTM(MIDI)作業的にはテンポ変化が多く(いわゆるルバート)大変だろうなと心配していたものの、いざ取りかかってみると必然的なテンポ変化、つまり次に来るテンポはこうでなければならない、と曲の中に織り込まれているような必然に導かれて、思いのほか負担なく軽快に作業を進めることができました。

スコア: "Claude Debussy:Piano Music 1888-1905 (pp.12-38)"
    所蔵 IMSLP/Petrucci Music Library
    編集者 First edition (reprint)
    出版社 Paris: E. Fromont, 1905. Plate E. 1404 F.
     再版 New York: Dover Publications, 1974. (#02907)
    著作権 Public Domain
シーケンサー:シンガー・ソング・ライター(Win-SSW)
MIDI音源:ローランド(Roland)SC-88VL
制作期間:2020年4月12日-2020年5月29日
MIDIクリップ制作:仮隠居

●下記URLに過去作品取り揃えております。
http://www.youtube.com/user/BYR00746#p/u

【注意 notice】
この音楽はパーソナル・コンピューターで私自身がプログラムしたMIDIファイルを演奏しています。
This music is performing the MIDI file programmed for myself with the personal computer.
この音はシンセサイザー(ローランド SC-88VL)によって作られています。
This sound is made by the synthesizer (Roland SC-88VL).

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »