« 桂米朝「古手買い」ほか | トップページ | (初)桂枝太郎「雷の褌」ほか »

2020/04/19

桂雀々「夢八」ほか

【世紀末亭】2020年4月19日定期(リニューアル)アップ

●桂雀々「夢八」:江戸落語「伊勢詣り」
呼び出されて甚兵衛さんの家を訪ねた八っつぁん、何の用かと思ったらアルバイトを世話してくれるらしい。聞けば、ツリのお供をして一晩過ごすだけでいいのだそうだ。アホでもできる楽な仕事だというので即引き受け、その足で現場へ連れて行かれると、弁当と割り木を渡され一軒の小屋へ放り込まれる。眠気覚ましに割り木で床を打ち鳴らし、弁当を食いながら夜が更けゆくにつれ、目の前に吊ってあるムシロの存在が気になり、フッと覗くと変死体がブラリ。ツリのお供というのは釣りではなく首吊りの見張り番だったのだ……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug220.htm

●(初)桂南天「穴門の西瓜売り」
大阪、南御堂(本願寺大谷派難波別院)の北西角に石垣を穿った出入り口がある。「穴門」と呼ばれ、夏はひんやりと風通しも良かったため、涼を求める人々や西瓜売りが集まって名物になっていた。そこで繰り広げられる客と西瓜売りと八卦見のひと騒動。
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug221.htm

|

« 桂米朝「古手買い」ほか | トップページ | (初)桂枝太郎「雷の褌」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桂米朝「古手買い」ほか | トップページ | (初)桂枝太郎「雷の褌」ほか »