« 桂米朝「吃るはなし三題」ほか | トップページ | 桂雀々「夢八」ほか »

2020/04/05

桂米朝「古手買い」ほか

【世紀末亭】2020年4月5日定期(リニューアル)アップ

●桂米朝「古手買い」:江戸落語「古着買い」
「義理の弟に古着を買ってやりたいので付き合ってくれ」と、友人に頼まれ、坐摩の前の古手屋へ同道することになった。手ごろなものが見つかり、五円十五銭を五円ちょうどにしてもらえることになったのだが「わしにも値切らしてくれ」と言うので、改めて値段の交渉に入ると「十銭に負けろ」あまりの非常識に番頭は「子ども、塩まいとけッ!」怒ってしまう。さぁ、最初に口を利いた俺の立場はどうなるねん?
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug218.htm

●桂米朝「鏡屋女房」
お伊勢参りの帰り道、大阪へ立ち寄り芝居を見物するのが庶民の娯楽であった頃、表に「おんかかみところ」と看板を掲げた道頓堀の鏡屋の前に、田舎の旅行者が立ち止まり考え込んだ。「『御嬶(かか)見処』とは嬶を見せてくれるのか?」中を覗くと確かに美しい女房が店の間に座っている。村に帰ってこの話をすると、次回のお伊勢参りには「御嬶見処」がきっちり観光コースに組み込まれ、皆楽しみに見に行く。が、美しい女房はおらず、なぜか皺くちゃのお婆さんが座っている。どうして? と表の看板を見ると……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug219.htm

             * * * * *

【DTM(MIDI)でクラシック/令和2年卯月4月新譜】
DTM(MIDI) on モーツァルト・ピアノソナタ9番 ニ長調 K.311
W.A. Mozart Piano Sonata No.9 in D-major K.311
 #Mozart #PianoSonata #No9 #K311
 #DTM #MIDI #MIDIでクラシック

 1st movement : Allegro con spirito → 00:00
 2nd movement : Andante con espressione → 04:39
 3rd movement : Rondo [Allegro] → 09:45

DTM(MIDI)でクラシック、今回はモーツァルトのピアノソナタ・シリーズより『9番 ニ長調 K.311』をご紹介します。

若い番号のソナタは聴く機会がほとんどなく、ほぼ初見で手探り状態の作業のため標準演奏とかけ離れた品になるかもですが「モーツァルトらしく」を心掛けながら【謎】作業を進めています。お時間許せばお付き合い願いたいと思います。

今回のプログラミングでも、左手の音量を右手マイナス6と機械的に決め、左手を強調する要所のみ右手対比音量を上げる、という基本手法をとりました。また、強音の部分は速く演奏し、弱音の部分は遅く演奏するというパターン化を踏襲しています。こうすることによって修飾の手間を省こうという魂胆です。やっぱり、モーツァルトは単純そうで奥深く、気難しそうで無邪気で、そして可愛い。

スコア:"Sonata XIII / 19 Sonatas for the Piano (pp.181-98)"
    所蔵 IMSLP/Petrucci Music Library
    編集者 Sigmund Lebert, William Scharfenberg
    出版社 New York: G. Schirmer, 1893. Plate 11146.
    著作権 Public Domain
シーケンサー:シンガー・ソング・ライター(Win-SSW)
MIDI音源:ローランド(Roland)SC-88VL
制作期間:2019年12月30日-2020年3月28日
MIDIクリップ制作:仮隠居

●下記URLに過去作品取り揃えております。
http://www.youtube.com/user/BYR00746#p/u

【注意 notice】
この音楽はパーソナル・コンピューターで私自身がプログラムしたMIDIファイルを演奏しています。
This music is performing the MIDI file programmed for myself with the personal computer.
この音はシンセサイザー(ローランド SC-88VL)によって作られています。
This sound is made by the synthesizer (Roland SC-88VL).

|

« 桂米朝「吃るはなし三題」ほか | トップページ | 桂雀々「夢八」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桂米朝「吃るはなし三題」ほか | トップページ | 桂雀々「夢八」ほか »