« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019/10/20

露の五郎「深山がくれ」ほか

【世紀末亭】2019年10月20日定期(リニューアル)アップ

●露の五郎(五郎兵衛)「深山がくれ」
諸国を巡り武者修行する武芸者が、九州は天草の地に足を踏み入れたところ、女ばかりが立ち働く村に出くわした。疑問を感じ一人の女に尋ねると「年に一度、町へ買い出しに行く男たちが戻って来ず、それを迎えに行った男たちも戻らず、それをまた連れ帰りに行った者もお庄屋の倅たちも戻らず、今は年取ったお庄屋さん一人だけになってしまった」と言う。事件の臭いを感じた武芸者は、何やら怪しいものが出るという噂の山中へと分け入って行くのだが……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug196.htm

●桂米朝「鍋墨大根」
前と後ろのカゴに五十本ずつ計百本の大根を振り担い、八百屋さんが朝一の商いに長屋を訪れると「その大根百本で何ぼにする?」お上さんから声をかけられる。全部買ってもらえるのなら、と四百文の値を付けると「ほな、五十本で二百、十本で四十、三本で十二文。銭はすぐ払うからこれとこれとこれ、大根持って来てや」シュシュッと三本選んで家へ引っ込んでしまった。見ると太い長いものばかり選んでいる「こんなえぇのん持っていかれてたまるかい」とばかり、細い短いものを持って行くと「これと違うがな、目印がしてあるやつ」きっちり鍋墨で目印を付けられていたのだ。こんなことがあってか「わしゃ、長屋の嬶(かか)相手に大根売りは勤まらんわい。もぉ八百屋やめたろ、駕籠屋になったろ」と、商売変えをするのだが……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug197.htm

| | コメント (0)

2019/10/06

●桂米朝「鯉船」ほか

【世紀末亭】2019年10月6日定期(リニューアル)アップ

●桂米朝「鯉船」
若旦那が東横堀に舟を付け、投網に出かけようとしているところを見つけたのは、髪結いの磯七だった。磯村屋とあだ名されるこの男、楽しみごとがあれば付いて来て座を盛り上げる、いわゆる町内の太鼓持ち「町太鼓」というやつ、「今日は来るな」というのに一緒にお供するといって聞かない。とうとう根負けして連れて行くと、最初のひと網で立派な鯉をしとめてしまう。さっそく磯村屋がこの鯉を料理にかかると……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug194.htm

●桂米朝「算段の平兵衛」
村の中でお花さんを囲っているのが奥さんにばれた庄屋は、何がしかの金を付けお花を平兵衛に押し付けることで一件落着した。しかし定まった仕事を持たない平兵衛、すぐに金を使い果たして生活に困り、美人局(つつもたせ)で庄屋を陥れようとするのだが、弾みで殺めてしまう。酒に酔っての事故死に見せかけようと算段し、庄屋の家まで運ぶと、中から「入れられまへん」「入れてくれなんだら首吊って死ぬ」「首でも何でも吊りなはれ」渡りに船とばかり、死体を松の木に吊って帰って来るやいなや、追いかけるように庄屋の奥さんが訪れ「算段してもらいたいことが……」さぁ、このあと平兵衛の算段で庄屋の死体があっちへこっちへ、結末はいかに?
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug195.htm

             * * * * *

【DTM(MIDI)でクラシック/令和元年神無月10月新譜】
 DTM(MIDI) on モーツァルト・ピアノソナタ4番 変ホ長調 K.282
 W.A. Mozart Piano Sonata No.4 in Eb-major K.282
  #Mozart #PianoSonata #No4 #K282
  #DTM #MIDI #MIDIでクラシック

 1st movement : Adagio → 00:00
 2nd movement : Menuetto I,II → 05:04
 3rd movement : Allegro → 09:24

DTM(MIDI)でクラシック、今回はモーツァルトのピアノソナタ・シリーズより『4番 変ホ長調 K.282』をご紹介します。

若い番号のソナタは聴く機会がほとんどなく、ほぼ初見で手探り状態の作業のため標準演奏とかけ離れた品になるかもですが「モーツァルトらしく」を心掛けながら【謎】作業を進めています。お時間許せばお付き合い願いたいと思います。

今回のプログラミングでも、左手の音量を右手マイナス6と機械的に決め、左手を強調する要所のみ右手対比音量を上げる、という基本手法をとりました。また、強音の部分は速く演奏し、弱音の部分は遅く演奏するというパターン化を踏襲しています。こうすることによって修飾の手間を省こうという魂胆です。やっぱり、モーツァルトは単純そうで奥深く、気難しそうで無邪気で、そして可愛い。

スコア:IMSLP/Petrucci Music Library 所蔵
    Sigmund Lebert, William Scharfenberg 偏
    "19 Sonatas for the Piano, Sonata XIX"
    New York: G. Schirmer, 1893. Plate 11152. 出版
シーケンサー:シンガー・ソング・ライター(Win-SSW)
MIDI音源:ローランド(Roland)SC-88VL
制作期間:2019年7月1日-2019年9月26日
MIDIクリップ制作:仮隠居

●下記URLに過去作品取り揃えております。
http://www.youtube.com/user/BYR00746#p/u

【注意 notice】
この音楽はパーソナル・コンピューターで私自身がプログラムしたMIDIファイルを演奏しています。
This music is performing the MIDI file programmed for myself with the personal computer.
この音はシンセサイザー(ローランド SC-88VL)によって作られています。
This sound is made by the synthesizer (Roland SC-88VL).

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »