« 2019年7月 | トップページ

2019/08/18

桂南光「小言幸兵衛」ほか

【世紀末亭】2019年8月18日定期(リニューアル)アップ

●桂南光「小言幸兵衛」:上方落語の演題は「借家借り」
小言幸兵衛のあだ名が示すように、幸兵衛さんの一日は長屋の店子(たなこ)を見回り、小言をくれてやることから始まる。家に帰ればゆっくりお茶を飲みながら「かしや札」を見て飛び込んで来る人物を相手に、趣味としての小言を交え、実益としての家主(いえぬし)対応をするのが日課だった。そんなある日、近頃まれな非の打ちどころのない、言い換えれば小言を言いたいのに言わせない仕立職人が借家の相談にやって来た。が、そこは小言幸兵衛さん、無理から趣味の小言が口をついて出るのだった。その小言とは……?
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug188.htm

●桂南光「仏師屋盗人」:江戸落語「にかわ泥」
世間はシシラシ~ンと寝静まった夜夜中(よるよなか)、ベリバリ、ボリバリとネズミが壁をかじる物音に目覚めた仏師屋さん「シャイッ」と追うが、ベリバリ、ボリバリ鳴りやまない。音のする方角を確認すると、それはネズミではなく、誰かが表の戸をこじ開けているのだった。「どなた? いま開けます」と言う間もなく押し込んで来たのは、紛れもない盗人、しかも紛れもなく間抜けた盗人だった。十両盗めば首が飛ぶという時代、この盗人の首は飛んだのだろうか、飛ばなかったのだろうか……?
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug189.htm

| | コメント (0)

2019/08/04

桂ざこば「天災」ほか

【世紀末亭】2019年8月4日定期(リニューアル)アップ

●桂ざこば「天災」
気に入らぬことがあると見境なく暴力を振るう男、今日しも夫婦喧嘩の末、嫁さん、母親の眉間に拳骨を食らわせてポイッと家を飛び出し、中川のご隠居の家に上がり込んだ。わけを話すと「お前がいかん、心学の先生の話を聞いて心を入れ替えろ」と諭され、その足で南炭屋町の紅羅坊名丸先生を訪ねることに。すると「災いは何事も天がもたらしたもの、天災と思って諦める心を持ちなさい」言いくるめられ、分かったような分からんような気持ちで家に帰れば、隣の松っちゃんが別れた嫁さんと大喧嘩だという。今聞いたばかりの話で松っちゃんを諌めようと出かけるのだが……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug186.htm

●笑福亭呂鶴「無い物買い」
暇とエネルギーはあるが金と常識のない男友達が偶然出くわすと、無理やりにでもひと騒動起こさないといけないのが落語のストーリー展開。今回は町の小売店舗に飛び込み「作ろうと思えば作れるが、作ったとして誰も買わない、だから誰も作らないし、店に置いてもいない商品」を注文して、主人が困る顔を楽しもうというコンセプトのもと、「金物屋」「古着屋」「味噌屋」「和菓子屋」に関する珍商品を考え出すという趣向になっている。考え出された商品が「んなアホな」と笑えると落語になるが、古い噺を古いままやっていたのでは単なる威力業務妨害、犯罪行為で笑えない。演者の力量(改作力・センス)が問われる噺なのか……?
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug187.htm

             * * * * *

【DTM(MIDI)でクラシック/令和元年葉月8月新譜】
DTM(MIDI) on モーツァルト・ピアノソナタ2番 ヘ長調 K.280
W.A. Mozart Piano Sonata No.2 in F-major K.280

 1st movement : Allegro assai → 00:00
 2nd movement : Adagio → 04:30
 3rd movement : Presto → 11:04

DTM(MIDI)でクラシック、今回はモーツァルトのピアノソナタ・シリーズより『2番 ヘ長調 K.280』をご紹介します。

若い番号のソナタは聴く機会がほとんどなく、ほぼ初見で手探り状態の作業のため標準演奏とかけ離れた品になるかもですが「モーツァルトらしく」を心掛けながら【謎】作業を進めています。お時間許せばお付き合い願いたいと思います。

今回のプログラミングでも、左手の音量を右手マイナス6と機械的に決め、左手を強調する要所のみ右手対比音量を上げる、という基本手法をとりました。また、強音の部分は速く演奏し、弱音の部分は遅く演奏するというパターン化を踏襲しています。こうすることによって修飾の手間を省こうという魂胆です。やっぱり、モーツァルトは単純そうで奥深く、気難しそうで無邪気で、そして可愛い。

スコア:Sigmund Lebert, William Scharfenberg 偏、IMSLP/Petrucci Music Library 所蔵
    "19 Sonatas for the Piano, Sonata VI (pp.12-25)"
    New York: G. Schirmer, 1893. Plate 11139. 出版
シーケンサー:シンガー・ソング・ライター(Win-SSW)
MIDI音源:ローランド(Roland)SC-88VL
制作期間:2019年6月3日-2019年7月27日
MIDIクリップ制作:仮隠居

●下記URLに過去作品取り揃えております。
http://www.youtube.com/user/BYR00746#p/u

【注意 notice】
この音楽はパーソナル・コンピューターで私自身がプログラムしたMIDIファイルを演奏しています。
This music is performing the MIDI file programmed for myself with the personal computer.
この音はシンセサイザー(ローランド SC-88VL)によって作られています。
This sound is made by the synthesizer (Roland SC-88VL).

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ