« 桂文枝「猿後家」ほか | トップページ | 桂米朝「本能寺」ほか »

2019/06/23

桂都丸「向う付け」ほか

【世紀末亭】2019年6月23日定期(リニューアル)アップ

●桂都丸「向う付け」:江戸落語「三人無筆」
喜六が外出から帰って来ると、お世話になっている十一屋のご隠居が亡くなったという知らせが届いていた。まともな挨拶などできない喜六ではあったが、しっかり者の女房に当座のくやみ「ついにはこちらのご隠居さまにはよぉございませなんだそぉで……、何の役にも立たんもんでございますけれども、それ相当のご用事があったらお言ぃ付け下さい」を教えてもらい線香をひと束携えて訪ねると、御寮人(ごりょん)さんから斎場の帳場、記名係を頼まれてしまう。ところがこの喜六、平仮名さえも危ないという「無筆」。またもや女房に秘策を授かり阿倍野の斎場へ向かうと、そこには……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug180.htm

●桂枝雀「替わり目」
職場の寄り合いか何かでしょう、外でしこたまお酒を召し上がって帰宅された松本留五郎さん、奥さんに「喧しぃ言ぅてんと、早いこと寝なはれ」言われても、何か物足りない呑み足りない。買い置きの上等の酒を持って来させ「何かつまみはないか? コウコは?」と聞けば「みな食てもた」の返事。「女たるもの女言葉で『いただきました』となぜ言えん」小言のひとつも言いながら角のおでん屋に買いに走らせたその隙に、担ぎのうどん屋さんを呼び止め酒に燗をさせようと企む……。酒呑みのボヤキ、戯言の中にキラリと光る人情の機微が、あるのやら、ないのやら。
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug181.htm

|

« 桂文枝「猿後家」ほか | トップページ | 桂米朝「本能寺」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桂文枝「猿後家」ほか | トップページ | 桂米朝「本能寺」ほか »