« 桂枝雀「義眼」ほか | トップページ | 桂米朝「近江八景」ほか »

2019/05/05

笑福亭仁鶴「黄金の大黒」ほか

【世紀末亭】2019年5月5日定期(リニューアル)アップ

●笑福亭仁鶴「黄金の大黒」
質屋の蔵の横手で砂遊びをしていた家主の坊ちゃんが、金の大黒さまを掘り当てた。めでたいので喜びを分かち合いたいと、宴席に呼ばれた長屋の連中だが、着ていく羽織が1着しかない。そこで、この1着を使い回して祝いの挨拶をしようと企む。落語のセオリーどおり企みは脆くも崩れグズグズになって、それでも祝いの宴は最高潮に達し、呑めや歌えの大騒ぎ。とその時、床の間に飾ってあった大黒さまがスックと立ち上がり……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug174.htm

●桂文枝「天王寺詣り」
男が知人宅を訪ねると時期はちょうど彼岸、四天王寺では無縁仏の供養をしていると聞いた。そこで、近所の悪ガキになぶり殺されてしまった愛犬「クロ」を弔うため、天王寺さんへ二人して引導鐘を撞きに行くことになる。下寺町から逢坂・合邦が辻、一心寺、安井の天神さん、石の鳥居をくぐると、境内は見世物、物売り露店に善男善女で大変な賑わい。グルッとひと回りして鐘搗き堂へ上がり引導鐘を撞いてもらうと「ボォ~ン、オワァンオワァンオワァンオワァン……、オ~~ン」最期の「オ~~ン」がまるでクロが乗り移ったように聴こえ……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug175.htm

             * * * * *

【DTM(MIDI)でクラシック/令和元年皐月5月新譜】
■DTM(MIDI) on モーツァルトの『音楽の冗談 K.522』
 W.A. Mozart Ein musikalischer Spass K.522

 1st movement : Allegro → 00:00
 2nd movement : Menuetto (Maestoso), Trio → 03:16
 3rd movement : Adagio cantabile → 09:57
 4th movement : Presto → 16:50

DTM(MIDI)でクラシック、今回はモーツァルトの『音楽の冗談 K.522』を選んでみました。「冗談」であると宣言して作曲した作品ですから、どれほどふざけた曲なのか? 期待と不安で聴いてみれば、確かに2楽章のホルンや3楽章のバイオリン・ソロ、4楽章締めくくりの不協和音などは明らかに冗談として聴こえても、全体的には「冗談とはご冗談でしょ」健全な曲です。

これは現代人の私たちが聴いても冗談には聴こえないが、当時の聴衆の耳には「ありえない音楽」だったという、時代バイアスのかかった「冗談」なのですね。つまり音楽作法に厳格な決まり事・お約束事があり、また楽器の性能も限界がある、例えばホルンは無バルブで音程不安定。まっとうな作曲家ならこんな音符は並べないだろうという「冗談」だったのです。とはいえ、今の時代でも「冗談」に聴こえる楽団がないわけではないですが、とか。

ヴァイオリン4、4、ヴィオラ2、チェロ1、コントラバス1のストリングス群に+ホルン2の合計14名を想定した楽器編成になっております。

スコア:Gustav Nottebohm編、Breitkopf & Hartel 出版、IMSLP/Petrucci Music Library 所蔵
    "Ein musikalischer Spass", K.522
    Wolfgang Amadeus Mozarts Werke, Serie X:
    Marsche und kleinere Stucke fur Orchester, No.13 (pp.2-18 (58-74))
    Leipzig: Breitkopf & Hartel, 1881. Plate W.A.M. 522.
制作期間:2019年2月1日-2019年4月27日
シーケンサー:シンガー・ソング・ライター(Win-SSW)
MIDI音源:ローランド(Roland)SC-88VL
MIDIクリップ制作:仮隠居

●下記URLに過去作品取り揃えております。
http://www.youtube.com/user/BYR00746#p/u

【注意 notice】
この音楽はパーソナル・コンピューターで私自身がプログラムしたMIDIファイルを演奏しています。
This music is performing the MIDI file programmed for myself with the personal computer.
この音はシンセサイザー(ローランド SC-88VL)によって作られています。
This sound is made by the synthesizer (Roland SC-88VL).

|

« 桂枝雀「義眼」ほか | トップページ | 桂米朝「近江八景」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桂枝雀「義眼」ほか | トップページ | 桂米朝「近江八景」ほか »