« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019/03/24

桂雀々「茶漬幽霊」ほか

【世紀末亭】2019年3月24日定期(リニューアル)アップ

●桂雀々「茶漬幽霊」:江戸落語「三年目」
風邪をこじらせ寝込んでいる亭主の枕元で、女房のお咲がさめざめ泣きながら「あんたにもしものことがあったら、わたしはもぉ生きてられしまへん」「何言ぅてんねんお咲、わしが死んだら、また新しぃ婿はんもぉたらえぇやないか」とまぜっかえすと「よぉそんな薄情なこと、わたし二度と亭主てなもんもらうことないわいな」やがて亭主の病気は癒えたものの、看病疲れが出たものか入れ違いにお咲さんが病の床に臥せってしまった。「わたしが死んだら、新しぃ嫁さんもらいなはんねやろなぁ?」お咲さんの心配に「もし、浮世の義理で嫁はんもらうことになったら、夜中に化けて出て新しぃ嫁はん追い出せ」言ってやると安心したものかそのままコロッ。百か日を過ぎた頃、お咲さんの予言どおり亭主は甚兵衛さんの世話で新しい嫁さんをもらうことになり祝言の夜「どっから出るか、いつ出て来るか」と二時、三時、四時、五時、六時、三日、四日、五日、ひと月、ふた月、一年、二年、三年目の夏の昼下がり……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug168.htm

●笑福亭松喬「へっつい幽霊」
昼間売った竃(へっつい)が、真夜中「買戻してくれ」と返されてきた。一円の手数料を取って引き取り、店に並べておくと明くる日すぐに売れる。が、真夜中になるとまた「引き取ってくれ」一円の手数料を取って引き取る、また売れる、引き取る……。ある日「ヘッツイから幽霊が出る」の噂を聞き「捨てようか、一円付けて誰かに押し付けようか」と女房と相談しているのを聞き付けたのが、裏の長屋に住む脳天の熊五郎さん。「何が出ても一切ゴジャゴジャなし」の条件で引き受け仲間の作ボンと運ぶ途中、ゴミ箱にぶつけゴロッと出て来たのが三百円の大金。思わぬ儲けに喜んだのも束の間、遊び果して元の無一文になったその夜……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug169.htm

| | コメント (0)

2019/03/10

桂ざこば「遊山船」ほか

【世紀末亭】2019年3月10日定期(リニューアル)アップ

●桂ざこば「遊山船」
行水でサッパリと汗を流し、糊の効いた浴衣に着替えて大川端へ夕涼みに出かけるのが、大阪庶民のささやかな暑気ばらいであった頃、毎度おなじみ気心の知れた喜六・清八の二人連れも難波橋へ出かけていた。川面を見ると、こちらは生活にゆとりのある人々が屋形船を浮かべて涼をとっている。橋の上から贅沢な遊びをネタに、相手になったりビックリしたり、ボケたり突っ込んだりしていると、やがてイカリ模様の揃いの浴衣でビシッと決めた、稽古屋連中の船が賑やかにやって来た……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug166.htm

●桂文我「苫が島」
御三家のひとつ、紀伊大納言徳川頼宣公が江戸詰めから帰国され、領地内にある「苫が島」についてお尋ねになった。家来は「加太岬の西方、東西二里、南北一里半の島」であること「無人で禽獣の住みかになっている」こと「以前、築城の用木を切り倒した罰で、島に入った者19名残らず死んでから立ち入り禁止になっている」こと「島には怪しきものが存在する」ことなどを説明する。すると頼宣公、俄然興味が湧いたものとみえ「近日中に狩りを行う」やがて狩りの当日、家中一統が苫が島に到着すると……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug167.htm

             * * * * *

【DTM(MIDI)でクラシック/弥生3月新譜】
■DTM(MIDI) on モーツァルトの『ディヴェルティメント K.136』
W.A. Mozart Divertimento (Vierundzwanzigstes Quartett) K.136

 1st movement : Allegro → 00:00
 2nd movement : Andante → 06:16
 3rd movement : Presto → 15:38

DTM(MIDI)でクラシック、今回はモーツァルトの弦楽四重奏曲から『ディヴェルティメント(喜遊曲)』を選んでみました。といいましても、MIDI音源でカルテットはきつすぎますので、ヴァイオリン4、4、ヴィオラ2、チェロ1、コントラバス1の合計12名を想定した、少し大きめの弦楽四重奏バージョンとなっております。

スコア:Breitkopf & Hartel 出版、IMSLP/Petrucci Music Library 所蔵
    『Divertimento (Vierundzwanzigstes Quartett) K.136』
    Wolfgang Amadeus Mozarts Werke, Serie XIV:
    Quartette fur Streichinstrumente, Bd.3, No.24 (pp.2-10 (278-286))
    Leipzig: Breitkopf & Hartel, 1882. Plate W.A.M. 136.
制作期間:2018年11月26日-2019年2月24日
シーケンサー:シンガー・ソング・ライター(Win-SSW)
MIDI音源:ローランド(Roland)SC-88VL
MIDIクリップ制作:仮隠居

●下記URLに過去作品取り揃えております。
http://www.youtube.com/user/BYR00746#p/u

【注意 notice】
この音楽はパーソナル・コンピューターで私自身がプログラムしたMIDIファイルを演奏しています。
This music is performing the MIDI file programmed for myself with the personal computer.
この音はシンセサイザー(ローランド SC-88VL)によって作られています。
This sound is made by the synthesizer (Roland SC-88VL).

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »