« 桂米朝「世帯念仏」ほか | トップページ | 桂米朝「肝つぶし」ほか »

2018/03/04

桂米朝「江戸荒物」ほか

【世紀末亭】2018年3月4日定期(リニューアル)アップ

●桂米朝「江戸荒物」
安堂寺橋で仕入れた荒物をポンポンポ~ンと「江戸っ子弁」で売れば、粋な江戸荒物として売れるのではないかと考えた男、ご隠居に江戸っ子弁の手ほどきを受ける。が、そこは思い付きだけのにわか仕込み「イラッシャ~イ、何でもあります」「ザルでもって天秤棒でもって、一貫二貫三貫、二四とシカン八百になりやす」「アマ、シバチにシがねぇから、シをモッチキナ」「どぉもありがとぉございました。お気に入ったらまたいらっしゃい、ありがとぉございます」だけ教わって帰って行った……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug116.htm

●桂米朝「軽業」:東の旅シリーズ
「お伊勢参りでもしょ~やないか」と安堂寺橋を出発した喜六と清八が、酒を呑んだり狐に騙されたりしながら足を運んで来たのが小さな村。村の氏神の屋根替え正遷宮とやらで、インチキ見世物、ぶっちゃけ商人が来て賑わっている。あっちでカモられこっちで騙され、ちっとはまともそうな軽業小屋に入ると……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug117.htm

|

« 桂米朝「世帯念仏」ほか | トップページ | 桂米朝「肝つぶし」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂米朝「江戸荒物」ほか:

« 桂米朝「世帯念仏」ほか | トップページ | 桂米朝「肝つぶし」ほか »