« 桂米朝「看板の一(ぴん)」ほか | トップページ | 桂米朝「江戸荒物」ほか »

2018/02/18

桂米朝「世帯念仏」ほか

【世紀末亭】2018年2月18日定期(リニューアル)アップ

●桂米朝「世帯念仏」
「願我身浄如香炉(がんがしんじょにょこうろ)願我心如智慧火(がんがしんにょちえか)念念焚焼戒定香(ねんねんぼんじょうかいじょうこう)供養十方三世仏(くようじっぽうさんぜぶ)南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏」と香を焚きながら唱えるのもお念仏なら「♪む・あみだぶ・なむあみだ、む・あみだぶ・なむあみだ」とアホ声を張り上げるのもお念仏、信仰の心は表側ではないのです。心のうち、うち、うち……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug113.htm

●桂米朝「崇徳院」
船場のさる大家の若旦那は二十日ほど前に寝込んだまま弱る一方だ。医者に診せたところ「気病(きやまい)」にかかって、あと五日が危ないという。親にも話さぬその気病の理由を「幼い頃から親しくしている熊五郎になら話す」というので聞き出してもらうと、高津神社で出会った美しい娘愛しさの恋患いだった。そこで熊五郎、唯一の手がかり崇徳院さんの歌「瀬をはやみ、岩にせかるる滝川の」を頼りに、広いひろい大阪の町を探し歩くのだが……。切なくもバカバカしい、いやバカバカしくも切ない珠玉の純愛落語。
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug114.htm

|

« 桂米朝「看板の一(ぴん)」ほか | トップページ | 桂米朝「江戸荒物」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂米朝「世帯念仏」ほか:

« 桂米朝「看板の一(ぴん)」ほか | トップページ | 桂米朝「江戸荒物」ほか »