« 桂枝雀「仔猫」ほか | トップページ | 桂米朝「田楽喰い」ほか »

2017/06/18

桂米朝「試し切り」ほか

【世紀末亭】2017年6月18日定期(リニューアル)アップ

●桂米朝「試し切り」
新身(あらみ)の刀を手に入れた侍、朋友に鑑定してもらいながら、ふと「切れ味を試したい」ともらすと「日本橋の南詰めに行けば……」耳打ちされる。さっそく出かけたところ、教えどおり確かに薦(こも)を被った乞食が一人寝ていた。「こりゃ、寝耳ながらによく承れ。その方、生きて甲斐ある命ならば、かかる無益な殺生はいたさんが、生きて甲斐無きその方の境涯、亡きあとの回向は必ず手厚く弔ぉてとらす。身が試しものとなれ、南無阿弥陀仏」と、斬りかかった。が……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakugo77.htm

●桂米朝「たけのこ」
庭に隣家の筍が顔を出したので、これを掘り取って食そうと考えたお武家さん。やっぱり断りだけはしておかなければと下僕を走らせる「不埒でござる、不埒でござる。不埒憤妙、不埒不体(ふらふったい)でござる。ご当家様の筍が手前屋敷へ泥脛(どろずね)を踏み込みました。戦国の世ならば間者(かんじゃ)も同様なやつ、召し捕って手討ちにいたしますゆえ、その段ちょっとお断りをいたします」さて、隣りのお武家さんの返答やいかに?
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakugo78.htm

|

« 桂枝雀「仔猫」ほか | トップページ | 桂米朝「田楽喰い」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂米朝「試し切り」ほか:

« 桂枝雀「仔猫」ほか | トップページ | 桂米朝「田楽喰い」ほか »