« 桂枝雀「つる」ほか | トップページ | 桂枝雀「質屋蔵」ほか »

2017/02/26

桂春団治「いかけや」ほか

【世紀末亭】2017年2月26日定期(リニューアル)アップ

●桂春団治「いかけや」
鍋・釜の修理を営む出商売の鋳掛け屋さんが仕事を始めると、いつの間にやら周りに近所の小倅(こせがれ)どもが集まって来た。おとなしく見学していればいいのだが、それぞれがそれぞれの個性を以って、じんわりと鋳掛け屋さんをなぶりにかかるからたちが悪い。なかでもこまっしゃくれた子どもの口癖「とらとやな」は春団治一門新聞の題字にもなって「とらとやなの師匠」と言えば三代目。
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakugo60.htm

●笑福亭仁鶴「代脈」
大先生から代診をするようおおせつかった玄関番、兼医者見習いの州達、往診先が周防町(すおうまち)越後屋の美しい娘さんと聞いて色めき立った。が、単独での代脈は初めてのことで、大先生からいろいろ注意を受ける。とりわけ、娘さんの下腹部のワダカマリを触診する際には、十分気を付けるよう言われていたにもかかわらず、力まかせにギュッと押し込むと……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakugo61.htm

|

« 桂枝雀「つる」ほか | トップページ | 桂枝雀「質屋蔵」ほか »

コメント

「へぇ、向こぉ商売」
「それで、大きなって直しに回ってんのんか」

梅團治さんが高座にかけてはるのを観たことがあります。

四代目が決まったようで・・・。
目出度くもあり・・・(^ ^ゞ

投稿: ラウノシア | 2017/02/27 08:19

>ラウノシアさん

遺言とあれば……、しかし野崎で出てきて「野崎詣り」とか「いかけや」とか「皿屋敷」とか「高尾」とか、できるんやろか? え、あと1年で何とかする? おきばりやす、てな感じ(^^♪

投稿: 仮隠居 | 2017/02/27 11:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂春団治「いかけや」ほか:

« 桂枝雀「つる」ほか | トップページ | 桂枝雀「質屋蔵」ほか »