« 桂枝雀「胴切り」ほか | トップページ | 桂米朝「七度狐」ほか »

2016/12/04

桂枝雀「高倉狐」ほか

【世紀末亭】2016年12月4日定期(リニューアル)アップ

●桂枝雀「高倉狐」
高津神社近くの草むらで雌狐が寝入っているのを見つけた男、先日狐に化かされたという友人の話を思い出し、仇を討ってやろうと思い立つ。とりあえず起こすために「姐さん」と声をかけると、不意を突かれたものとみえ輪郭はぼやけているものの、化けていると分かっていても惚れぼれするような、二十四、五の綺麗な女性にシュ~ッ。「よろしければ、姐さんの疲れ休めに、お酒のお相手していただけませんか?」と、うまい具合に湯豆腐屋へ誘い出し、酔わせて寝込んだすきに逃げ帰ってしまった。さぁ、一人、いや一匹残された姐さんの運命やいかに……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakugo50.htm

●桂枝雀「東の旅発端」:東の旅シリーズより
西の旅が「兵庫渡海鱶(ふか)の魅入れ」で、南の旅が「紀州飛脚」、北へ向かうと「池田の猪買い」で、宇宙旅行は「月宮殿星の都」、海を潜ると「竜宮界龍の都」、そして、あの世を旅してしまうのが「地獄八景亡者戯(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)」。上方落語の旅シリーズ数あるなか、お伊勢参りを扱った東の旅は「伊勢参宮神の賑わい」から、発端と煮売屋のエピソードです。おなじみ大阪の馬合い喜六・清八が安堂寺橋を出発し玉造、暗(くらがり)峠、奈良を過ぎ、奈良山中の煮売屋で繰り広げるナンセンスをお届けします。
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakugo51.htm

|

« 桂枝雀「胴切り」ほか | トップページ | 桂米朝「七度狐」ほか »

コメント

昨日の茶屋町MBS劇場は、吉朝さんの発端~煮売屋、米朝さんの七度狐、矢橋船でした。予測アップされたんでしょうか
落語好きにとってはこの番組が放送されるプロ野球シーズンオフが楽しみですわ。

ところで私には前から謎なんですが、後付けの「童、小賢し、牛売らぬ」の元、出処は何ですか?

投稿: ラウノシア | 2016/12/04 15:37

>ラウノシアさん

順番ですからね、発端の次は七度狐で、その次は持参金、親子酒と続きますねんけど。次回ドンピシャ当たったら裏があると思てください(^^♪

「童、小賢し、牛売らぬ」すぐに見つかりそうでいて、民話・昔ばなしを探しても見つからない。米朝さんに尋ねるのが手っ取り早いと思います。逝って聞いてくださいm(_ _)m

投稿: 仮隠居 | 2016/12/04 21:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂枝雀「高倉狐」ほか:

« 桂枝雀「胴切り」ほか | トップページ | 桂米朝「七度狐」ほか »