« 桂枝雀「鷺とり」ほか | トップページ | 桂枝雀「胴乱の幸助」ほか »

2016/10/16

桂枝雀「兵庫船」ほか

【世紀末亭】2016年10月16日定期(リニューアル)アップ

●桂枝雀「兵庫船」:江戸落語「桑名船」
讃岐の金毘羅さんへお参りした喜六と清八の二人連れ、播州路を東へ東へ、明石、舞子、須磨を過ぎて出てまいりましたのが兵庫は鍛冶屋町の浜です。鍛冶屋町の浜から大阪までは海路を使い、のんびり楽して帰ろうとの心積もりでしたのですが、船が沖合いに出ることしばし、帆は風をはらんでいるにもかかわらず、島影が一向に変わらない、ということは動いていない。「どうもここらあたりに生息する性悪の鱶(ふか)が乗客の一人に魅入り、船を止めたらしい」という船頭の言葉に、皆慌てふためき青ざめるのです。さぁ、誰が魅入られたのか? この危機を乗り越える算段は……?↓
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakugo44.htm

●桂枝雀「牛の丸薬」
久しぶりに友達を訪ねると、昨夜の雨に濡れてジュクジュクになってしまった大和コタツを見ながら、何か考え事をしていた。手元を見るとコタツの土でこしらえた、薬のような丸子(がんじ)が五、六十も転がっている「薬のように見えるが、何ぞに効くんか?」「さぁ、何ぞに効くか、それを今考えてるとこや……」と、思いついたように「あした暇か? ちょっと付き合ぉてくれ」その時には分からなかったのだが、友人はその土の丸薬を「牛の病気の特効薬」と偽って、売りに行く算段をしていたのだった。あくる日の朝早く、二人して北河内目指し歩きはじめ、農家でわたしが目撃したのは……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakugo45.htm

|

« 桂枝雀「鷺とり」ほか | トップページ | 桂枝雀「胴乱の幸助」ほか »

コメント

「鬼は~外」・・・こんなん大好きですねん。
これは枝雀さんの創作ですかね。

しかし船嫌いの喜ィさん、四国からどうやって兵庫まで来たのか、この咄を聞くたびいつも首を傾げてます。
その時分は瀬戸大橋も無かったでしょうに、たぶん。

投稿: ラウノシア | 2016/10/17 08:53

>ラウノシアさん

「鬼は~外」の部分、リニューアルにあたりマクラとこの1行を追録しました。今まで気づかなかったのが不思議なくらい見事なひと言です。

何でも清八さんに聞いたところでは、喜六さんは死んだもんのようになって、船底にへばりついて室津の港に到着したそうです(^^♪

投稿: 仮隠居 | 2016/10/17 21:20

「鬼はぁ~外」
あらためて米朝師の「兵庫船」を聴きましたら、このフレーズがありました。昔からあるクスグリのようですね。

投稿: ラウノシア | 2016/10/20 08:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂枝雀「兵庫船」ほか:

« 桂枝雀「鷺とり」ほか | トップページ | 桂枝雀「胴乱の幸助」ほか »