« 桂枝雀「始末の極意」ほか | トップページ | 桂枝雀「こぶ弁慶」ほか »

2016/08/21

桂春団治「親子茶屋」ほか

【世紀末亭】2016年8月21日定期(リニューアル)アップ

●桂春団治「親子茶屋」:江戸落語「夜桜」
「爪で火を、とぼして貯めた親の子が、ロウソクで読む傾城の文」を地でいく若旦那、今日も親旦那から小言をちょうだいし「親が大事か、芸妓が大事か?」と詰め寄られる。親父さんとしてみれば「悪ぅございました、親のあなたが大事」と言ってくれる希望的観測だったのでしょうが、そこは根性の座った若旦那「三文の値打ちもない老いぼれ親父と、水も垂れるよぉな綺麗な芸者と、頭からハカリにも天秤にも……」素直に本心を吐露してしまったから大変、親旦那は「出て行け」若旦那は「出て行かいでかい」中に立った番頭が「まぁまぁまぁ、大旦那……」止めてくれて、なんとかその場は収まったのだが……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakugo35.htm

●桂枝雀「あくびの稽古」:江戸落語「あくび指南」
道でばったり出会った友達から「稽古に付き合ってくれ」と頼まれた。しかし、この男には以前も三味線、浄瑠璃、踊り、柔道と幾度も付き合わされ、そのたびにひどい目に遭っている。今回も同じことの繰り返しであろうと「堪忍してくれ」断ってしまえばよかったのに、ついつい「今度、何の稽古行くねん?」聞いてしまったのが運の尽き。アホ顔で「あくびの稽古」と聞かされ、少しく好奇心が揺れてしまったものか、付き合う事態になってしまう……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakugo36.htm

|

« 桂枝雀「始末の極意」ほか | トップページ | 桂枝雀「こぶ弁慶」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂春団治「親子茶屋」ほか:

« 桂枝雀「始末の極意」ほか | トップページ | 桂枝雀「こぶ弁慶」ほか »