« 桂枝雀「くやみ」ほか | トップページ | 桂枝雀「始末の極意」ほか »

2016/07/17

笑福亭松鶴「らくだ」ほか

【世紀末亭】2016年7月17日定期(リニューアル)アップ

●笑福亭松鶴「らくだ」:ショートバージョン
らくだが死んだ。平穏な社会生活を送る近隣の人々にとっては願ってもない、ラッキーこの上ないことではあるが、兄貴と慕われている同類の弥猛(やたけた)の熊五郎にしてみれば、身より頼りのない彼のために形だけでも葬式を出してやりたい。そこで、運悪く通りかかった紙屑屋を脅し、長屋のツナギ、酒と煮しめ、棺おけの段取りをさせ、二人きりで酒を酌み交わしはじめた。しかし、善良小心であるはずの紙屑屋は酔うほどに態度が急変、やがて熊五郎と力関係が逆転し……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakugo31.htm

●桂米朝「貧乏花見」:江戸落語「長屋の花見」
今日は一日、雨に降られるだろうと仕事を休んだ昼近く、思いがけず青空が広がり春の陽気が戻ってきた。往来を行く人々は花見に出るらしく、上等の着物を着こみ弁当をぶら下げている。「花はえぇベベ着てよぉが、ボロ下げてよぉが、咲きよぉに変わりないがな」ということで、長屋の連中に声をかけ、皆して花見に出かけようとの相談がまとまるが、なにぶん貧乏花見、酒も無ければ料理も無い。そこで「気で気を養う」酒の代わりにお茶、料理の代わりに残り物を持ち寄って、わぁわぁわぁわぁ桜ノ宮へと繰り出した……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakugo32.htm

|

« 桂枝雀「くやみ」ほか | トップページ | 桂枝雀「始末の極意」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笑福亭松鶴「らくだ」ほか:

« 桂枝雀「くやみ」ほか | トップページ | 桂枝雀「始末の極意」ほか »