« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016/06/19

桂枝雀「口入屋」ほか

【世紀末亭】2016年6月19日定期(リニューアル)アップ

●桂枝雀「口入屋」:江戸落語「引越の夢」
「別嬪の女衆(おなごし)を連れ帰ってこい」定吉に言い聞かせ口入屋へ送り出した一番番頭さん、顔を見せた女性のあまりの美しさにちょちょまってしまうのであります。一番番頭がこの有様ですから、二番番頭、三番番頭、数に入らぬ子ども衆(し)にいたるまで、皆もう新しく来た女衆の話題でわぁわぁわぁわぁ、うるさいったらありゃしない。ついには店を早仕舞いして、夜の早いうちから床に着き、皆寝静まった頃合を見て、夜這いをかけようという良からぬことを考えた一番番頭、皆を寝かしつけようとするのですが、そんな企みは皆さんお見通し。やがて夜も更け、シシラシーンと静まり返った階段を上りはじめたのは、な、なんと二番番頭の杢兵衛だったのです……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakugo27.htm

●桂枝雀「いらちの愛宕詣」:江戸落語「堀の内」
生まれついてのイラチな性分を、神信心で治そうと愛宕山詣りを決意した男、朝早くから起き出してトコトコトコトコ東へ向かって歩いたものですから、天神さんへたどり着き、間違いを訂正されて西へ身を翻しトコトコトコトコ。やがて見慣れた風景に佇む女性を発見、声をかけられて我が家、我が女房と悟り、なおも西へ西へ歩くうち、どこへ行くのだったか忘れてしまって道行く人に「わたいどこ行きまんねん?」「そんなもん知らんがな」というようなエピソードが延々続くお噺。
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakugo28.htm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/06/05

笑福亭仁鶴「不動坊」ほか

【世紀末亭】2016年6月5日定期(リニューアル)アップ

●笑福亭仁鶴「不動坊」
講釈師の不動坊火焔先生が旅興行先の広島で不慮の病死を遂げ、その女房のお滝さんは三十五円の借金とともに未亡人になってしまった。見かねた家主は同じ長屋に住む金貸しの利吉に、三十五円の肩代わりを条件に「お滝さんを嫁さんにどうか?」と話を持ち込んだ。以前から好意を寄せていた利吉にとってこんな願ってもない話はない、さっそくその晩から来てもらうよう話を進めたが、これを知った漉き直し屋の徳さん、活け洗い屋の裕さん、東西屋の新さんのヤモメトリオが講釈師・軽田道斎を巻き込んで潰しにかかるのだった。
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakugo25.htm

●桂枝雀「蔵丁稚」:江戸落語「四段目」
芝居好きの丁稚・定吉っちゃんは朝早くに言い付けられた島之内へのお使いを利用して、道頓堀の中座で「忠臣蔵」を楽しんで帰って来た。しかし、戻りが遅いのを不審に感じた主人の巧みな誘導尋問に引っかかり、全てが明るみに出てしまい、三番蔵へ幽閉されたうえ晩ご飯時になっても出してもらえない。あまりの空腹に好きな芝居の真似事で気を紛らわそうと、蔵の中にあった葬礼用の脇差を取り出し「四段目」判官切腹の場を演じるうち、腹に刀が……
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakugo26.htm

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »