« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016/02/21

桂枝雀「池田の猪買」ほか

【世紀末亭】2016年2月21日定期(リニューアル)アップ

●桂枝雀「池田の猪買」
丼池(どぶいけ)の甚兵衛さんのところへ、鼻頭を真っ黒にさせた知り合いが訪ねて来た。聞けば、ノボセに効くお灸を首の後ろ「盆のくぼ」にすえろと教えられ、すえた上、すえた上へすえているうちに頭頂を通り越して鼻まで来たのだという。「上というのは重ねてだ」と誤りを訂正するが、すでにノボセは治って逆に冷え気が出るというではないか。それでは、冷え気に効く薬「薬食い=猪の肉」を食べると良いと教え、さっそく猪の本場、池田へ新鮮な猪肉を買いに行かせることに……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakugo10.htm

●桂枝雀「高津の富」:江戸落語「宿屋の富」
因州・鳥取から二万両の取り引きのために大阪へやって来たというお大尽が、大川町の宿屋へ投宿する。漬物石代わりに千両箱を使うぐらい大金持ちだと聞いた宿屋の亭主は、最後に一枚だけ残った高津神社の富くじ「子の千三百六十五番」を一分で買ってもらうが、実はこの男、その一分が全財産のペテン師だった。遂にすっからかんになってしまった男「呑み倒し、食い倒して逃げたれ」腹をすえた明くる日、大阪の町を見物に出かけ高津神社へ来てみると……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakugo11.htm
             * * * * *

【DTM(MIDI)でクラシック 2月新譜】
■DTM(MIDI) on バッハの管弦楽組曲 第4番 ニ長調 BWV.1069
  J.S. Bach Orchstral Suite No.4 in D-major BWV.1069

第1楽章:Ouverture 00:00
第2楽章:Bourree 12:40
第3楽章:Gavotte 15:15
第4楽章:Menuet 17:00
第5楽章:Rejouissance 21:12

DTM(MIDI)でクラシック、今月(2016年2月)から4回に分けてバッハの管弦楽組曲に取り組んでみたいと思います。まず初回は第4曲、耳にする機会が少なく最も影の薄い組です。お聴きいただくとお分かりのように、たぶん脳に強く記憶されるようなインパクトのある旋律を持たないからでしょう。だからと言って劣っているわけではありません、何回も繰り返し聴いているうちにバッハらしい小技があちこちに見えてきます。

楽器編成はストリングス(通奏低音チェンバロ含む)+3オーボエ+ファゴット+3トランペット+ティンパニー。MIDI苦手の同音色重ね合わせによる音の濁りに悩まされました。

スコア:全音楽譜出版社『バッハ 管弦楽組曲《全曲》』
シーケンサー:シンガー・ソング・ライター(Win-SSW)
MIDI音源:ローランド(Roland)SC-88VL
制作期間:2015年11月10日-2016年02月13日
MIDIクリップ制作:仮隠居

●下記URLに過去作品取り揃えております。
http://www.youtube.com/user/BYR00746#p/u

【注意 notice】
この音楽はパーソナル・コンピューターで私自身がプログラムしたMIDIファイルを演奏しています。
This music is performing the MIDI file programmed for myself with the personal computer.
この音はシンセサイザー(ローランド SC-88VL)によって作られています。
This sound is made by the synthesizer (Roland SC-88VL).

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/02/07

桂枝雀「佐々木裁き」ほか

【世紀末亭】2016年2月7日定期(リニューアル)アップ

●桂枝雀「佐々木裁き」
住友の浜の材木置き場でお奉行ごっこをして遊んでいる子どもたちがいる。なかでもシロちゃんと呼ばれる西町奉行役の少年に目を付けジッと観察していたのが、何を隠そう西町奉行佐々木信濃守本人であった。頓知の利いた受け答えに感心し、部下の者に命じて父親・町役同道のうえ奉行所へ出向くよう申し付けるのだが、呼び出しを受けたほうは皆目理由が分からない。疑心暗鬼のうちにお白州で奉行のご出座を待つのだが……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakugo08.htm

●桂枝雀「道具屋」
仕事もしないでノラクラしていると聞いた甚兵衛さんが、道楽半分でやっている夜店の道具屋商売に行かないかと声をかけてくれた。面白そうなので行ってみることにし、道具とはいうもののどこから見てもガラクタの数々と元値が記された帳面を預かり、堺筋をば南へ南へ。阪町では道の両側にいろんな店が出て大変な賑わいをみせるなか、聞いていた本屋の善さんを頼って、いよいよ道具屋店を開げるのだが……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakugo09.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »