« 桂吉朝「住吉駕籠」ほか | トップページ | 桂枝雀「ちしゃ医者」ほか »

2016/01/10

桂枝雀「風邪うどん」ほか

【世紀末亭】2016年1月10日定期(リニューアル)アップ

●桂枝雀「風邪うどん」:江戸落語「うどんや」
寒風吹きすさぶ真冬真夜中「♪うど~んえ~、そやうぃ~」うどん屋さんが流していると、後ろでボソボソッという声がした。なんじゃろかい? と振り返ると、路地の奥に十数人集まって博打をやっている連中が、世間をはばかり小声でうどんを注文にやって来たのだ。思いがけずひと所で十杯の商いに気を良くしたうどん屋さん、なおも「♪うど~んえ~、そやうぃ~」と、またもやしわがれた小声で「うどん屋」呼び止められる。また十杯売れるかも? 取らぬ狸の皮算用をするのだが……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakugo04.htm

●桂枝雀「青菜」
仕事がひと区切りついたので、ちょっと早目の帰り支度をする植木屋さんに、労をねぎらうためでしょう「お酒の相手をしてもらえんか?」と旦那が声をかけた。暑い盛り、鯉の洗いを肴に程よく冷やした柳蔭(やなぎかげ)をいただき歓談しているうち「青菜はいかがかな?」奥さんに持って来るよう伝えるが「鞍馬から牛若丸が出でまして、名も九郎判官」という返事。すると旦那は「義経、義経」何のことやらさっぱり分からん植木屋さん、どういう意味かと尋ねると……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakugo05.htm

             * * * * *

■2016/01/04 大阪七福神めぐり初詣ポタ2016(距離26.65)
走路軌跡(Atlas ASG-CM12):毎年ほぼ同コース

「大阪七福神」を巡拝しながら、一寺社でご朱印を受領し、七年間で満願しようという、その四年目。

出発
 ↓ ポタ
三光神社・寿老神・天王寺区玉造本町(2013年授印済)
 ↓ ポタ
長久寺・福禄寿・中央区谷町8丁目(2014年授印済)
 ↓ ポタ
法案寺・弁財天・中央区島之内2丁目(2015年授印済)
 ↓ ポタ
宝満寺(大乗坊)・毘沙門天・浪速区日本橋3丁目(●2016年授印)
 ↓ ポタ
大国主神社・日出大国神・浪速区敷津西1丁目
 ↓ ポタ
今宮戎神社・えびす大神・浪速区恵美須西1丁目
 ↓ ポタ
四天王寺布袋堂・布袋尊・天王寺区四天王寺1丁目
 ↓ ポタ
帰宅

 ▼ 満願七年計画、2016年=宝満寺(大乗坊)・毘沙門天

Cimg8301

|

« 桂吉朝「住吉駕籠」ほか | トップページ | 桂枝雀「ちしゃ医者」ほか »

コメント

あけましておめでとうさんにござります。

冬と夏の噺一席ずつですか。枝雀さんがする季節の描写はまことに結構なもんですな。夏の噺では「次の御用日」で描かれる住友の浜の情景が好きです。砂のキラキラ、掛矢の音、物売りの声。

りょうばさん、動楽亭にてデビューされたそうですね。


投稿: ラウノシア | 2016/01/11 08:54

>ラウノシアさん
炎天下、住友の浜の真夏描写もよろしいけど、「仔猫」で語られる、気張りながら眺める雨後の月と群雲の描写のところもよろしいね(^^♪

投稿: 仮隠居 | 2016/01/12 00:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂枝雀「風邪うどん」ほか:

« 桂吉朝「住吉駕籠」ほか | トップページ | 桂枝雀「ちしゃ医者」ほか »