« (初代)桂小文治「うらのうら」ほか | トップページ | (二代)桂小南「堀越村」ほか »

2015/04/05

(六代)笑福亭松鶴「貝野村」ほか

【世紀末亭】2015年4月5日定期(リニューアル)アップ

●(六代)笑福亭松鶴「貝野村」:江戸落語「海野村」
船場のさるご大家の若旦那(二十二歳)は町内で今業平と呼ばれる美男かつ商売熱心な方で、番頭を連れましてひと月あまり九州を商用に回って帰ってまいります。帰って何が楽しみかと申しますと、丹波から女中奉公に来ているおもよ(十八歳)に風呂で背中を流してもらい、食事の世話をしてもらうこと、のはずだったのですが、そのおもよが「母病気」の知らせで里へ帰り、代理おもよと入れ替わっていたものですから、ドッと床に着いたきり伏せってしまったのです。なぜ伏せってしまったのかと申しますと、ほれ、あの病気、お医者さまでも草津の湯でも……♪
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug464.htm

●(初代)桂小文治「木津川」:小文治創作落語?
真島は久しぶりに大学時代の友人である、長円寺の住職・佐伯の元を訪れた。ある研究のため話を聞こうと寺へ向かったのだが、あいにく本人は留守。おかしなことに応対した寺男は話を曖昧にはぐらかし、いつ戻るとも教えてくれない。仕方なく近くの宿に部屋を取り、詳しい経緯を番頭に尋ねると「女性関係のもつれから一人の女を自害させ、その呵責により千尋の藪へこもったきり出てこない」と言う。そこで、番頭に案内を乞うて藪の奥深く分け入ってみると……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug465.htm

             * * * * *

【輪行・ポタリング記録 その51】【ランチポタ・シリーズ その24】
■2015/04/02 八幡市背割堤桜輪ポタ(八幡木津自転車道線)
(距離43.16/時間3:09/平均13.6/最高30.9)

走路軌跡(参考):

今年の桜シーズン、月曜は晴れたので大川へ出かけたけれど4分咲きで欲求不満。火曜は用事、水曜は雨で明日から来週半ばまで雨マークが並んでいる。ということは、今日の晴れを逃すと今年のシーズンを逃すのと同等ですわ、これは出なければならんでしょ。久しぶりに長距離を走ってきました。

出発
 ↓ ポタ
門真市駅
 ↓ 京阪本線(330円)
八幡市駅
 ↓ ポタ(八幡木津自転車道線)
背割堤桜鑑賞
 ↓ ポタ
京田辺市(ランチ:白身フライのり弁当(ローソン京田辺大住店)
 ↓ ポタ(八幡木津自転車道線)
木津駅
 ↓ JR奈良・関西・おおさか東線(760円)
JR河内永和駅
 ↓ ポタ
帰宅

 ▼ 八幡市背割堤桜その1
Cimg8179

 ▼ 八幡市背割堤桜その2
Cimg8200

 ▼ 本日のランチ処:八幡木津自転車道・京田辺市大住付近
Cimg8189

 ▼ 本日のランチ:白身フライのり弁当(ローソン京田辺大住店)
Cimg8188

 ▼ 木津の流れた橋
Cimg8186

 ▼ 立って、立ってんねんな鉄塔
Cimg8198

|

« (初代)桂小文治「うらのうら」ほか | トップページ | (二代)桂小南「堀越村」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (六代)笑福亭松鶴「貝野村」ほか:

« (初代)桂小文治「うらのうら」ほか | トップページ | (二代)桂小南「堀越村」ほか »