« 露の五郎(五郎兵衛)「常太夫義太夫」ほか | トップページ | 桂文太「松島心中」ほか »

2014/11/16

桂吉朝「死人茶屋」ほか

【世紀末亭】2014年11月16日定期(リニューアル)アップ

●桂吉朝「死人茶屋」:原作・小佐田定雄氏
常の御茶屋遊びに飽きた若旦那、今日はひとつ「葬礼(そうれん)ごと」葬式の真似事でお香をつまみながら一杯呑もうと、太鼓持ちの茂八に話を持ちかけた。こんな馬鹿げた遊びが大好きな茂八も大乗りで、スックリ手はずを整えるが、どんなに趣向を凝らしても「しょ~もなッ」の一言で白けさせる芸者、豊田屋のおちょねは呼ぶなと釘を刺される。遊びの当日、何も知らないおちょね姐さんが御茶屋の前を通りかかると、鯨幕が張り巡らされ誰かの葬礼らしい、気になって飛び込み女将に聞くと……、さぁどんな騒動が起こることやら。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug444.htm

●笑福亭三喬「子盗人」:江戸落語「穴どろ」
「五円、五円、ごえんごえんごえん……、節季の払いにどうしても五円要るから稼いでこい」女房にせっつかれ家を出た盗人、泥棒、泥ちゃん。あてもなく大店の裏通りをブラブラ通りかかると、夜遊びに出かけるらしい番頭が「常吉、帰り何刻(なんどき)になるや分からん、この木戸口だけちゃんと開けといてや」「ご番頭はん承知いたしました、お早よぉお帰り」と、出て行った。「開けといてや」ということは「開いている」ということ、それでは用心が悪いがな……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug446.htm

             * * * * *

【DTM(MIDI)でクラシック/11月新譜】
■DTM(MIDI) on バッハ・ブランデンブルク協奏曲 第3番 ト長調 BWV.1048
J.S. Bach Brandenburg Concerto No.3 G-major BWV.1048

第1楽章:[Allegro] → 00:00
第2楽章:Adagio → 06:18
第3楽章:Allegro → 06:35

DTM(MIDI)でクラシック、秋の新譜第2弾は「ブランデンブルク協奏曲」の“3番”です。バイオリン3声、ビオラ3声、チェロ3声、そしてコントラバス+通奏低音のチェンバロという弦楽大家族構成。扶養家族が多いだけにMIDI(シンセサイザー)音源の最大欠点フランジング(もごもご干渉音)に悩まされながらも、何とかでっち上げることができました。

第2楽章は本来ならコンサートマスターのチェンバロ・アドリブを長々独奏する聴かせ所ですが、私には到底無理ですので稚拙な和音分解モードで誤魔化しております、あしからず。

スコア:全音楽出版社『バッハ・ブランデンブルク協奏曲〔全曲〕』より
シーケンサー:シンガー・ソング・ライター(Win-SSW)
MIDI音源:ローランド(Roland)SC-88VL
制作期間:2014年8月6日-11月7日
MIDIクリップ制作:仮隠居

●下記URLに過去作品取り揃えております。
http://www.youtube.com/user/BYR00746#p/u

【注意 notice】
この音楽はパーソナル・コンピューターで私自身がプログラムしたMIDIファイルを演奏しています。
This music is performing the MIDI file programmed for myself with the personal computer.
この音はシンセサイザー(ローランド SC-88VL)によって作られています。
This sound is made by the synthesizer (Roland SC-88VL).

|

« 露の五郎(五郎兵衛)「常太夫義太夫」ほか | トップページ | 桂文太「松島心中」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂吉朝「死人茶屋」ほか:

« 露の五郎(五郎兵衛)「常太夫義太夫」ほか | トップページ | 桂文太「松島心中」ほか »