« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014/10/19

露の五郎(五郎兵衛)「大名道具」ほか

【世紀末亭】2014年10月19日定期(リニューアル)アップ

●露の五郎(五郎兵衛)「大名道具」:並艶笑噺
戦国時代ならいざ知らず、太平の世の大名は世継ぎを残すこと、つまり夜の「あッふん」だけが仕事だという極論に基づいたお噺。あれが極端に小さい大名、少しでも大きくならないものかと、奥方の奨めで「根精(こんせい)大明神」に参ったところ、ご神体のあまりの立派さにチョチョマイ、槍で突き倒してしまった。怒り狂った根精大明神は神罰を下し、一夜にして大名はじめ家中三千人すべての一物を、袋を残して削除してしまう。さぁ、困ったこまった、そこで修験者を呼び「マッタケ返し」の秘法で……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug445.htm

●露の五郎(五郎兵衛)「建礼門院」:並艶笑噺
源氏・平家の盛衰を、義経周辺の愛憎模様をとおして描いた大河艶笑落語。母・常盤御前、それを狙う平清盛、清盛の次女・建礼門院、兄・源頼朝、愛人・静御前、藤原秀衡の娘などなど、そして忠臣弁慶の葛藤。日本史の教科書を読んでも解らなかった相関図が、この落語を聞いていっぺんに解った。と高校生にも大評判……、んなはずない。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug447.htm

             * * * * *

【ランチポタ・シリーズ その18】
■2014/10/16 ゲージツの秋・笑像画展でランチポタ(距離17.07/時間1:18/平均13.1/最高28.5)

なんばパークス7階パークスホールで開催中の『山藤章二の似顔絵塾・笑像画展』観覧と、千日前での買い物を兼ねてミナミに向かい西へひと走り、ついでに(都市のオアシス認定)なんばパークスガーデンで野外ランチ。
参考走路:千日前通りを東西に往復のため省略

出発
 ↓ ポタ
大阪高島屋百貨店(地階でランチ用「デリカKYK・ヒレカツサンド」購入)
 ↓ ポタ
なんばパークス(6階ネコヒタ庭園:ランチ・7階パークスホール『笑像画展』)
 ↓ ポタ
日本橋(お買い物)
 ↓ ポタ
帰宅

 ▼ 本日のランチ処:なんばパークスガーデン・6階ネコヒタ庭園
Cimg7979

 ▼ 本日のランチ:「ヒレカツサンド」(デリカKYK・大阪高島屋百貨店地階)
Cimg7981

 ▼ パークスホール『山藤章二の似顔絵塾・笑像画展』
Cimg7983

 ▼ 笑像画展案内ハガキ
Cimg7988

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/05

露の五郎(五郎兵衛)「五郎艶笑噺集四」ほか

【世紀末亭】2014年10月5日定期(リニューアル)アップ

●露の五郎(五郎兵衛)「五郎艶笑噺集四」:並艶笑噺
かかりつけの医者を家に上げ不倫をはじめたそのとたん、急に亭主が帰って来た。とっさに「体内の腫物治療のため、指で薬を塗っている」と言い逃れ、なおかつそのうえ「指が短くて届かない、わしのナニを大きくして、その先に薬をつけて塗ることにする」と言い放って実行する、落語ならではの筋立て『医者間男』と、男と女が夫婦になって何をすればよいのか、全く知らないという男の噺『下口』の二演目を収録。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug441.htm

●露の五郎(五郎兵衛)「五郎艶笑噺集五」:並艶笑噺
客の注文に応じ、どのような吸物をも提供するという「お好み吸物屋」が開店した。取引先との商談に利用できるか内定するべく、鍋島藩留守居役のお侍が奥方と供の者を連れて来店し、それぞれ「囲碁の吸物」「将棋の吸物」「大名行列の吸物」を注文すると、皆に同じ「玉吸い」卵の吸物が運ばれてきた。店主の勧めに一口すすってみたところ……『お好み吸物』と、女性自身を扱った小咄集『赤貝猫』の二演目を収録。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug443.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »