« 露の五郎(五郎兵衛)「道鏡」ほか | トップページ | 露の五郎(五郎兵衛)「五郎艶笑噺集四」ほか »

2014/09/21

露の五郎(五郎兵衛)「五郎艶笑噺集二」ほか

【世紀末亭】2014年9月21日定期(リニューアル)アップ

●露の五郎(五郎兵衛)「五郎艶笑噺集二」:並艶笑噺
ある日、親旦那が娘の歩き姿に違和感を感じ医者に診てもらうと、とりたてて健康状態が優れないというわけではないらしい。しかし、何やら思いつめたそぶりが気になるので、子どもの頃から懐いている女衆(おなごし)のお松に理由を尋ねさせたところ「あそこにデンボが」。それならば、人に頼んでお医者さんから塗り薬をもらってきてあげるので、絵に描いて場所を示すよう言い聞かせ、いざ描き始めると……『上下のしるし』『大師の馬』の二演目収録。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug437.htm

●露の五郎(五郎兵衛)「五郎艶笑噺集三」:並艶笑噺
観月の宴の席上「お月様はまだ昇らぬか?」という殿の言葉に「上様ともあろうものが、お月様などという下賎な言葉ははしたない、月、と申されよ」三太夫が戒めると「ならば、月はまだか? して、星めらは?」殿様の月見 → 姫様の月見 → 名月赤城山、それぞれのシチュエーションをつないだ小咄『名月』と、巨大持ち物を題材にした艶笑噺の日中比較『揚子江』の二演目を収録。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug439.htm

|

« 露の五郎(五郎兵衛)「道鏡」ほか | トップページ | 露の五郎(五郎兵衛)「五郎艶笑噺集四」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 露の五郎(五郎兵衛)「五郎艶笑噺集二」ほか:

« 露の五郎(五郎兵衛)「道鏡」ほか | トップページ | 露の五郎(五郎兵衛)「五郎艶笑噺集四」ほか »