« 桂枝雀「うらみ酒」ほか | トップページ | 露の五郎(五郎兵衛)「道鏡」ほか »

2014/08/17

露の五郎(五郎兵衛)「鯉津英之助」ほか

【世紀末亭】2014年8月17日定期(リニューアル)アップ

●露の五郎(五郎兵衛)「鯉津英之助」:東の旅シリーズより
奈良の宿を出発した喜六、清八両名が初瀬(はせ)街道は三本松を過ぎ、伊賀と大和との国境、鹿高(かだか)にさしかかると新たな関所が設けられていた。伊賀名張の領主鯉津英之守に嫡男(ちゃくなん)鯉津英之助が生まれたとかで、領内において「こいつえぇ」「こいつぁえぇ」と言うことまかりならん、とのお達しを触れ、通行手形を検めるためだ。手形を持たない者は、このめでたい折、芸事を披露すれば通してもらえるというので皆それぞれ苦心の芸を披露しはじめるのだが……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug436.htm

●露の団姫「松山鏡」
ここは越後の松山村(新潟県十日町市)、早くに母親を亡くし父の手一つで育てられた、それはそれは父親孝行な庄助という男がおったとさ。父(とと)さまが生きてるあいだはもちろん、死んでのちも毎朝の墓掃除を欠かさない。それがお上の耳に入り「近頃まれに見る孝行者の鏡、何か褒美を遣わせ」ということになりまして、庄助を代官屋敷に招き「何が欲しい?」と尋ねれば「もう一度お父っつぁまに会いてぇ」そこで代官ひらめいた、側の者に「八咫の御鏡(やたのみかがみ)」の複製品を持ってこさせ、箱の中を覗かせると……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug438.htm

             * * * * *

【DTM(MIDI)でクラシック/8月新譜】

■DTM(MIDI) on バッハ・ブランデンブルク協奏曲 第2番 へ長調 BWV.1047
J.S. Bach Brandenburg Concerto No.2 F-major BWV.1047

第1楽章:[Allegro] → 00:00
第2楽章:Andante → 04:55
第3楽章:Allegro assai → 9:05

DTM(MIDI)でクラシック、前々作ホルストの「惑星・ジュピター」で、あまりにも貧相なトランペットしか吹けず落ち込んでしまっていた担当楽団員に喝を入れ、一人前に育て上げるべく、トランペットを大々的にフューチャーしたバッハの「ブランデンブルク2番」をチョイスし、朝錬・昼錬・夜錬の猛特訓を施してみました。彼もかなり努力したようです、その結果をお聴きください。

スコア:全音楽出版社『バッハ・ブランデンブルク協奏曲〔全曲〕』より
シーケンサー:シンガー・ソング・ライター(Win-SSW)
MIDI音源:ローランド(Roland)SC-88VL
制作期間:2014年6月11日-8月13日
MIDIクリップ制作:仮隠居

●下記URLに過去作品取り揃えております。
http://www.youtube.com/user/BYR00746#p/u

【注意 notice】
この音楽はパーソナル・コンピューターで私自身がプログラムしたMIDIファイルを演奏しています。
This music is performing the MIDI file programmed for myself with the personal computer.
この音はシンセサイザー(ローランド SC-88VL)によって作られています。
This sound is made by the synthesizer (Roland SC-88VL).

|

« 桂枝雀「うらみ酒」ほか | トップページ | 露の五郎(五郎兵衛)「道鏡」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 露の五郎(五郎兵衛)「鯉津英之助」ほか:

« 桂枝雀「うらみ酒」ほか | トップページ | 露の五郎(五郎兵衛)「道鏡」ほか »