« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014/07/20

露の五郎(五郎兵衛)「艶噺初天神」ほか

【世紀末亭】2014年7月20日定期(リニューアル)アップ

●露の五郎(五郎兵衛)「艶噺初天神」:弱艶笑噺
落語「初天神」は元来「艶笑噺」に分類されるらしい。たしかに、寅ちゃんが向かいのオッチャンのところで話す父母の昨夜の出来事や、母親に話す十日戎の帰りに寄った御茶屋での出来事は艶笑に属するものであろう。今回ご紹介する五郎(五郎兵衛)師匠の「初天神」は、演題にずばり「艶噺」と銘打ち、どんな艶噺に仕立て上げられているのか大いに期待されるのである。が……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug430.htm

●林家小染(四代目)「腕(かいな)食い」
店の掛け金を使い込み、勘当を喰らって家を追い出されてしまった中船場の次男坊若旦那が、三年の放浪生活ののち大阪へ舞い戻って来た。もとより実家に顔を出せるはずもなく、別家した徳兵衛を頼って家の前に立ったその姿は見る影もない乞食そのもの。徳兵衛の配慮でしばらく居候させてもらううち、婿養子に出ないかという話が持ち上がる。先方は資産家で母娘二人家族の美人、気兼ねする人もないという良縁なのだが、たったひとつ、この娘には傷があった……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug431.htm

             * * * * *

【DTM(MIDI)でクラシック/7月新譜】

■DTM(MIDI) on モーツァルトの交響曲 第39番 変ホ長調 K.543
 W.A. Mozart Symphony No.39 in Eb-major K.543

第1楽章:Adagio 00:00
第2楽章:Andante 10:37
第3楽章:Menuetto - Allegretto 18:52
第4楽章:Finale - Allegro 22:20

DTM(MIDI)でクラシック、交響曲シリーズ第4弾はモーツァルトの39番です。パートは弦にプラスすることフルート、クラリネット、ファゴット、ホルン、トランペット、それにティンパニー、10楽器の極小編成。前回の「ホルスト/木星」が28楽器を超える大編成だったからか簡単に打ち込みでき、妙に気抜けした心もちを感じました。でも音楽性は大きいんですよね、これが。モーツァルトの偉大さを体感したところです。

スコア:全音楽譜出版社『モーツァルト 交響曲第39番 変ホ長調 K.543』
シーケンサー:シンガー・ソング・ライター(Win-SSW)
MIDI音源:ローランド(Roland)SC-88VL
制作期間:2014年5月12日-7月13日
MIDIクリップ制作:仮隠居

●下記URLに過去作品取り揃えております。
http://www.youtube.com/user/BYR00746#p/u

【注意 notice】
この音楽はパーソナル・コンピューターで私自身がプログラムしたMIDIファイルを演奏しています。
This music is performing the MIDI file programmed for myself with the personal computer.
この音はシンセサイザー(ローランド SC-88VL)によって作られています。
This sound is made by the synthesizer (Roland SC-88VL).

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/06

露の五郎(五郎兵衛)「人形の目」ほか

【世紀末亭】2014年7月6日定期(リニューアル)アップ

●露の五郎(五郎兵衛)「人形の目」:艶笑噺
奥さんを亡くした大家の親旦那に、若旦那夫婦は後添えをもらうように勧めるが「もうそんな歳じゃありゃせんがな」と耳を貸そうとしない。それもそのはず、身の回りの世話をしてくれている上の女衆、お絹と何となくそんな関係になっていた。それを知った若旦那、とがめるどころか「人目をはばかってやりたいこともやれないだろう、店中総出で芝居に出かけ、一日好きなだけ楽しんでもらおう」と策を練る。芝居行き当日、店が空になるのも用心が悪い、というので定吉を残したのだが、それがいけなかった……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug428.htm

●桂米紫(三代目)「魚の狂句」:弱艶笑噺
友人が訪ねて来た。世間話をするうち「川柳、狂句をやり始めた」というではないか。試しに即興で作らせたところ、思いがけずなかなかうまい歌を詠む、と思ったら全て盗作だった。「そんなことではいかん、自分の歌を作る稽古をしろ」参考になりそうな句を聞かせるが、参考になったのやらならなかったのやら、唐突に「島原へ女郎買いに行くので付き合え」と言い出した。「そんなときこそ、洒落た狂句で謎を掛けろ」と、女性を魚に見立てた句を並べるのだが……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug429.htm

             * * * * *

【鉢植えマイ・パイナポーだより】

 ▼ 2014/06/20、果実を支える茎の部分が萎びてきた、そろそろ色づき始める?
2014062002

 ▼ 2014/06/27、この2日間で劇的変化、色気づき始めた。香りはまだない
2014062702

 ▼ 2014/06/30、実るほど頭を垂れるパインかな、茎が張りをなくし支えきれなくなった
2014063001

 ▼ 2014/06/30、黄色を通り過ぎ、ややオレンジがかってきた。ほのかに甘い香り
2014063002

 ▼ 2014/07/04、約110度傾き芳香ただよう、そろそろ限界か
2014070403

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »