« 桂文我(三代目)「湯文字誉め」ほか | トップページ | 桂雀三郎「茶屋迎い(J版)」ほか »

2014/06/08

桂文我(三代目)「覗き医者」ほか

【世紀末亭】2014年6月8日定期(リニューアル)アップ

●桂文我(三代目)「覗き医者」:香具師(やし)・的屋(てきや)「蛇の薬売り口上」付き
愛娘の縁談が決まり、嫁いだ先ではゆっくり物見遊山もままならないだろうと、親旦那は番頭と丁稚を伴って四人でブラブラあちこちを見物して回る旅に出た。ところが「水が変わると体の調子が変わる」のたとえ、田舎宿に泊まった晩、お嬢さんが急に腹痛を訴え苦しみだす。宿の帳場に尋ねると、辺鄙な田舎のことゆえ医者はいないが「医者のような者」ならいるというので、早速呼んでもらうことに……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug424.htm

●笑福亭松之助「後家殺し」
浄瑠璃が好きだった伊勢屋の大旦那の一周忌に、供養のため町内の素人浄瑠璃が呼ばれた。なかでも芳蔵という男、玄人裸足の語りで、感極まった客から「後家殺しッ!」と喝采を浴び、未亡人からは「明晩、またお越し願いたい」との手紙を受け取る。何事か知らんと出かけたところ、酒・肴が用意された奥の座敷に二人きり、やった取ったの末に男と女の関係になってしまった。淫らにだらだら月日は流れ、一年ばかりたったある日「伊勢屋の後家は小料理屋の喜助とできている」の噂を聞き、真相を確かめるため訪ねると……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug425.htm

             * * * * *

【ランチポタ・シリーズ その17】
■2014/05/14 グランフロント大阪でランチポタ(距離27.42/時間1:57/平均14.0/最高28.4)

日本橋への買い物ついでに、ちょっと回り道して梅田へ、初めてのグランフロント大阪で公共広場ランチポタしてきました。

JR大阪駅からグランフロント大阪南館、北館を繋ぐ2階連絡通路は大勢の人でかなり混雑してます。オープンから1年を過ぎてなお、こんなに人出が多いのか……、という感心も3階より上の店舗へ登るエスカレーターに乗った途端、残念な気持ちに変わりました。

客が登っていかない、客が降りてこない。時刻はちょうど昼時だというのに、なんなんだこの閑散とした状況は? てか、想像してたとおりだったんですけど(笑)ちなみに、近畿大学のマグロ屋さんだけは、いまだに異常とも思える長蛇の列ができているのを目撃しました。
参考走路(予定)

出発
 ↓ ポタ
阪神百貨店(地階でランチ用「デリカKYK・ヒレカツサンド」購入)
 ↓ ポタ
グランフロント大阪(コロコロと南館→北館→7階ネコヒタ庭園:ランチ)
 ↓ ポタ
日本橋(お買い物)
 ↓ ポタ
帰宅

▼ 本日のランチ処:グランフロント大阪北館・7階ネコヒタ庭園
Cimg7784

▼ 本日のランチ:「ヒレカツサンド」(デリカKYK・阪神百貨店地階)
Cimg7785

▼ ガランガランのグランフロント大阪北館店舗
Cimg7789

▼ 閑散としたJR大阪駅・グランフロントへの大階段
Cimg7783

|

« 桂文我(三代目)「湯文字誉め」ほか | トップページ | 桂雀三郎「茶屋迎い(J版)」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂文我(三代目)「覗き医者」ほか:

« 桂文我(三代目)「湯文字誉め」ほか | トップページ | 桂雀三郎「茶屋迎い(J版)」ほか »