« 笑福亭仁鶴「月宮殿・星の都」ほか | トップページ | 桂文我「さじ加減」ほか »

2014/02/23

桂都丸「時の氏神」ほか

【世紀末亭】2014年2月23日定期(リニューアル)アップ

●桂都丸「時の氏神」:原作・小佐田定雄氏
熊はんと辰っつぁんの仲たがいを聞き、仲裁に駆け付けた兄貴分の又兵衛。双方から喧嘩のわけを問いただすと関東煮(かんとだき)の具が原因と知れた。辰っつぁんが「大根が好き」と言った一言に、熊はんが「大根に旨味を吸わすスジや昆布のことも考えろ」と切れ、殴る蹴るの暴行を加えたのだという。熊はんが悪いとみた又兵衛は、辰っつぁんに詫びを入れるよう熊はんを説得するが、これが元で今度は熊はんと又はんの喧嘩に発展してしまった。そこで次に仲裁に登場するのがご隠居さん、結末はいかに……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug410.htm

●桂七福「大仏の目」
遠い遠い昔、奈良・東大寺の盧舎那仏坐像、俗に言う「大仏っつぁん」の目が内ら側へ落ち込んでしまったことがあったという。ちなみに原因は伝えられていないし、ここでそんなことは何ら問題ではない。問題は落ち込んだ目をどのように修理・回復させるかということにあった。寺側の試算によれば費用、日数ともに天文学的数値が出ていたが、ここにひと組の親子が登場し安直かつ見事な解決をみる。その方法とは……?
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug411.htm

             * * * * *

【鉢植えマイ・パイナポーだより】
 ▼ 2014/01/29、花穂が顔を出しているのに気付く
2014012901

 ▼ 2014/02/06、花の下が少し伸びた
2014020602

 ▼ 2014/02/13、全体にプックリと膨らんで、冠葉がハッキリしてきた
2014021301

 ▼ 1014/02/20、地味な花が咲きはじめた
2014022001

|

« 笑福亭仁鶴「月宮殿・星の都」ほか | トップページ | 桂文我「さじ加減」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂都丸「時の氏神」ほか:

« 笑福亭仁鶴「月宮殿・星の都」ほか | トップページ | 桂文我「さじ加減」ほか »