« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014/01/19

桂七福「金玉医者」ほか

【世紀末亭】2014年1月19日定期(リニューアル)アップ

●桂七福「金玉医者」:微弱艶笑
ひどい鬱状態に陥り床に着いたたまま衰弱する一方の娘さん、何人もの医者に診せるがことごとくサジを投げるのだった。そこへ訪ねて来たのが出入りの太兵衛さん「故郷(いなか)で評判のお治し爺さんを紹介したい」と言う。怪しい加持祈祷や、体に傷を付けるような治療、投薬をしないで治す、ということなので診てもらうと、ひと月ほどで三味線を弾いて唄をうたい、食事も進むまでに回復した。父親はどんな治療をしたのか気になり、お治し爺さんに尋ねると……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug406.htm

●桂春之輔「死ぬなら今」
大店(おおだな)伊勢屋の親旦那は「ケチ兵衛」と世間から呼ばれるほどの強欲ものだが、それでもやっぱり人の子、死んだのち地獄へ落とされるのは嫌だ。そこで「もし、わしが死んだならば、頭陀袋(ずだぶくろ)の中に三途の渡し賃六文銭のほか、百両の小判を忍ばせてほしい。その金で閻魔さまを買収するから」と倅(せがれ)に言い付ける。やがて、あの世行きが現実となり、遺言どおり百両を持たせようとするところを見付けたのが叔父貴「お上に知れたら、どのよぉなお咎(とが)めを受けるや分からん。本物と寸分見分けのつかない芝居の小道具小判を使え」と言い出した……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug407.htm

             * * * * *
【輪行・ポタリング記録 その49】
■2014/01/03 大阪七福神めぐり初詣ポタ2014(七年計画二年目)
(距離21.17/時間1:35/平均13.2/最高24.9)
走路軌跡(Atlas ASG-CM12):


出発
 ↓ ポタ
三光神社・寿老神・天王寺区玉造本町(2013年授印済)
 ↓ ポタ
長久寺・福禄寿・中央区谷町8丁目(2014年授印済)
 ↓ ポタ
法案寺・弁財天・中央区島之内2丁目
 ↓ ポタ
宝満寺(大乗坊)・毘沙門天・浪速区日本橋3丁目
 ↓ ポタ
大国主神社・日出大国神・浪速区敷津西1丁目
 ↓ ポタ
今宮戎神社・えびす大神・浪速区恵美須西1丁目
 ↓ ポタ
四天王寺布袋堂・布袋尊・天王寺区四天王寺1丁目
 ↓ ポタ
帰宅

 ▼ 満願七年計画、2013年=三光神社・寿老神、2014年=長久寺・福禄寿
2014010302

 ▼ 長久寺・福禄寿・中央区谷町8丁目(2014年授印済)
2014010301

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/05

笑福亭松鶴(六代目)「近所付合い」ほか

【世紀末亭】2014年1月5日定期(リニューアル)アップ

●笑福亭松鶴(六代目)「近所付合い」:並艶笑噺
植木職人の辰っつぁんが仕事先の木に登って一生懸命刈り込みしていると、隣りに住むお手掛けさんとその旦那らしい二人が酒を酌み交わしているのが見える。やがて、あんなことをやり、こんなことをやり、そんなことまでやるか? ついにはおよんでしまってさぁ大変。辛抱たまらなくなって、先輩の止めるのも聞かず渇きを処理するため家に帰るが女房は拒絶。「松島へ行てスッとしといなはれ」言われて小遣をもらい出かかると、門口のお梅はんが「わたしで良ければ」と呼び止めた……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug404.htm

●森乃福郎(初代)「指南書」
聡明で仕事熱心な清吉の唯一の欠点は疑り深いこと。何事につけすぐ疑う心を直そうと嫁を取らせるが、火に油というか、格好の悋気の対象ができ益々猜疑心が深くなってしまった。そこで両親は檀那寺の和尚さんから書物を学ばせ、理で理を悟らせることに。その甲斐あってか、すっかり穏やかな性格に戻りつつあった頃、和尚さんが亡くなってしまう。いまわの際に「困った時には、わしの言葉と思って読むように」と渡された指南書を絶えず身に付け、今日しも京都三条から草津の叔父の家に五十両の金を届ける途中……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug405.htm

             * * * * *

【2014 カリンキョフィル・ニューイヤーコンサート】

■DTM(MIDI) on ウィーンの森の物語
J.Strauss II "Tales of Vienna Forest" Waltz Op.325

DTM(MIDI)でクラシック、新年に「カリンキョフィル・ニューイヤーコンサート」をやりたいなと、昨年は「美しく青きドナウ」「ラデツキー行進曲」の2曲を作成し、さて今春は「ウィーンの森の物語」です。でもって、来春は「皇帝円舞曲」を予定してます……、鬼が笑うっちゅうねん。

おまけの画像は本家ウィーン市立公園のヨハン・シュトラウス2世像と本場ウィーンの森、それに大阪花博記念公園鶴見緑地・オーストリア庭園のヨハン・シュトラウス偽像(レプリカ)、鶴見緑地の森、飛鳥・甘樫の丘付近の森をそれらしく並べてみました。あんまり違和感ないのが和洋折衷文化やなぁ、言ぅたりして。

スコア:音楽之友社『J.Strauss 円舞曲「ウィーンの森の物語」』
シーケンサー:シンガー・ソング・ライター(Win-SSW)
MIDI音源:ローランド(Roland)SC-88VL
制作期間:2013年10月4日-12月23日
付属画像:Common Wikipedia フリー画像、
     大阪花博記念公園鶴見緑地・オーストリア庭園、
     国営飛鳥歴史公園・甘樫の丘
MIDIクリップ制作:仮隠居

■DTM(MIDI) on 美しく青きドナウ
Johann Strauss II "Blue Danube" Waltz Op.314

■DTM(MIDI) on ラデツキー行進曲
Johann Strauss (Vater) Radetzky March Op.228

●下記URLに過去作品取り揃えております。
http://www.youtube.com/user/BYR00746#p/u

【注意 notice】
この音楽はパーソナル・コンピューターで私自身がプログラムしたMIDIファイルを演奏しています。
This music is performing the MIDI file programmed for myself with the personal computer.
この音はシンセサイザー(ローランド SC-88VL)によって作られています。
This sound is made by the synthesizer (Roland SC-88VL).

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »