« 桂文珍「包丁間男」ほか | トップページ | 笑福亭仁鶴「辛子医者」ほか »

2013/09/22

桂福団治「寿命」ほか

【世紀末亭】2013年9月22日定期アップ

●桂福団治「寿命」:原作・森やすし氏
長町裏に住まう水屋の源兵衛は町中を軒並み売り歩く仕事柄、得意先家内の健康状態も知らず知らず耳に入ってくる。今日しも立て続けに二軒、余命幾ばくもない家族を抱え悲しんでいる客に出くわした。「身寄りも金もないこの俺が健康に恵まれ、家族も財産もある人々がどうして苦しみを……」と、無情の世を嘆きながらも「それなら、寿命を見付けて売りさばけば金儲けができるかも」そこでさっそく寿命を探し求め、長く苦しい旅に出るのだった……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug390.htm

●笑福亭伯枝「三人上戸」
律令制のもと「大戸・上戸・中戸・下戸」と呼ばれる課税単位があり、婚礼時の酒の量が上戸は八瓶、下戸は二瓶であったことから、酒が呑めない人を「下戸」と呼ぶようになり、酒をよく呑む人を「上戸」と呼ぶようになったのがこの言葉の起源らしい。また酒を呑んで崩れる人は○○上戸と呼ばれ、中でも「笑い上戸、泣き上戸、怒り上戸」の三つが上戸の代表だが、この三つを一人で受け持つ人がいて「三人上戸」と呼ばれている。その三人上戸が夜鳴きのウドン屋を相手にドタバタを演じる軽い一席。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug391.htm

             * * * * *

【ランチポタ・シリーズ その6】

■2013/09/09 長居公園でランチポタ(距離30.61/時間2:09/平均14.1/最高22.6)
40度に手の届きそうな異常猛暑が続いた今年の夏もやっと終わり、ここ一週間ほど過ごしやすい温度に落ち付いてきました、ただ雨天がちだったのがちょっと残念。そんな残念の中、今日は朝から爽やかに晴れわたっていたので、ランチポタを敢行してまいりました。

走路軌跡(Atlas ASG-CM12):


 ▼ 本日のランチ処:長居公園(大阪市東住吉区)
20130909_010

 ▼ 本日のランチ:カツサンド(デイリーヤマザキ近鉄北田辺駅前店)
20130909_009

 ▼ 長居陸上競技場
20130909_016

|

« 桂文珍「包丁間男」ほか | トップページ | 笑福亭仁鶴「辛子医者」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂福団治「寿命」ほか:

« 桂文珍「包丁間男」ほか | トップページ | 笑福亭仁鶴「辛子医者」ほか »