« 桂吉朝「弱法師(よろぼし)」ほか | トップページ | 桂福団治「寿命」ほか »

2013/09/08

桂文珍「包丁間男」ほか

【世紀末亭】2013年9月8日定期アップ

●桂文珍「包丁間男」
女に持てて持てて、持て過ぎて持て余して、今の女と別れたいと思っている辰五郎が、道でバッタリ出会った弟分の寅公に相談を持ちかけた。「酒を手土産にわしを訪ねた振りをして、呑んだ勢いで手の一つも握って口説け。その瞬間を見計らって駆け込んで『間男見付けた、二つに重ねて四つに切る。おのれは男引っ張り込みやがって、何ちゅう女やッ!』と叩き出す」さてその首尾は……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug388.htm

●森乃福郎(初代)「太閤の猿」
お女郎さんを開放すべく「自由廃業運動」勃発中の明治三十二年十二月、名古屋・旭新地にある遊郭「東雲楼」では娼妓がストライキを起こし、そのさまを歌った演歌「東雲節」が全国的に大流行する。この東雲節を深く歴史考察した結果、歌詞のルーツは豊臣秀吉が飼った「太閤の猿」のエピソードに由来するらしいのだが……、太閤秀吉、独眼竜伊達政宗、加藤清正、福島正則、加藤嘉明、片桐且元、曽呂利新左衛門ほか豪華メンバー競演の話題作。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug389.htm

             * * * * *
【ランチポタ・シリーズ その5】
■2013/08/17 天保山でランチポタ(距離26.55/時間1:54/平均13.8/最高27.9)
太平洋に面した磯場で遊ぶ知人の写真画像を見ていたら、急に海が見たくなった。我が家から一番近場の海と言えば大阪港中央突堤が定番、なんせ30分もあれば着いてしまうのだから。ということで、大阪港目指し冷凍保存してあった自家製カツサンドを準備して出発。ランチ処「天保山」へ到着した頃合、程よく解凍したシャリシャリの冷製カツサンドは、気温36度超え真夏にはピッタリでした。
走路軌跡(Atlas ASG-CM12):地下鉄線内データ欠落


出発
 ↓ ポタ
高井田駅
 ↓ 大阪市営地下鉄中央線(310円)
大阪港駅
 ↓ ポタ
天保山(山頂公園)●ランチ:カツサンド(自家製)
 ↓ ポタ
中央突堤
 ↓ ポタ
天保山渡船場
 ↓ 大阪市営渡船(0円)
桜島渡船場
 ↓ ポタ
帰宅

 ▼ 本日のランチ処:天保山(山頂公園)
20130817_013

 ▼ 本日のランチ:自家製カツサンド
20130817_008

 ▼ 天保山・国土地理院三角点(日本一低い山・標高4.53m)
20130817_005

 ▼ 気分は船旅、大阪市営天保山渡船
20130817_039

|

« 桂吉朝「弱法師(よろぼし)」ほか | トップページ | 桂福団治「寿命」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂文珍「包丁間男」ほか:

« 桂吉朝「弱法師(よろぼし)」ほか | トップページ | 桂福団治「寿命」ほか »