« 桂文我(三代目)「上方見物」ほか | トップページ | 桂文珍「包丁間男」ほか »

2013/08/18

桂吉朝「弱法師(よろぼし)」ほか

【世紀末亭】2013年8月18日定期アップ

●桂吉朝「弱法師(よろぼし)」(別名「菜刀息子(ながたんむすこ)」)
「長いめの断ち包丁」を買いに行き「菜刀包丁」を渡されて帰って来た若旦那、生まれついての気の弱さから包丁屋の聞き違いを正すことができない。親旦那はその気の弱さを叱りつけるのだが、許しを乞うどころか会話することすらできないありさま。きつく「世間を見て来い、家を出て行け」言ったそのあと、誰も気付かぬうちに行方知れずになってしまった。消息のつかめぬまま、やがて月日は巡り春の彼岸の四天王寺境内……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug386.htm

●桂吉朝「そってん芝居」
堺の叔父貴が「九死に一生の大病で、喉がゼェゼェいぅやら、鼻がピョコピョコいぅやら、医者が八人かかりきり」というので、見舞いに行くことになった大旦那。ひょっと見舞いの夜が通夜になるかも知れないと、こざっぱり頭を結い直すために床屋の磯七を呼ぶ。ちょん髷を結いながらの世間ばなしに、中座にかかる「忠臣蔵の通し」が出ると、芝居好きの磯七は夢中になって手が進まない。「芝居の話はえぇねん。口きぃたら出入り差し止めやで」と禁止され、仕事にかかったものの……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug387.htm

             * * * * *

【MIDIクラシック・シリーズ】
DTM(MIDI) on モーツァルト・ピアノソナタ第11番 イ長調 K.331
W.A. Mozart Piano Sonata No.11 A-major K.331

DTM(MIDI)でクラシック、クソ暑い夏場に合奏ものはパートの入力が多くてかなわんわい、今回はお手軽にピアノ独奏にしてみよう。ということでモーツァルトの『ソナタ11番』をチョコチョコッと打ち込んでみたものの、ディティール作りにはやっぱり苦労しました、暑かったフゥ~ッ……。モーツァルトは単純そうで奥深く、気難しそうで無邪気で、そして可愛い。

第1楽章:Andante grazioso. Minore. Maggiore. Adagio. Allegro.
http://youtu.be/hccObgkyprk?t=0m4s
第2楽章:Menuetto. Trio.
http://youtu.be/hccObgkyprk?t=13m8s
第3楽章(トルコ行進曲 Alla Turca):Allegretto.
http://youtu.be/hccObgkyprk?t=19m4s

スコア:世界音楽全集・春秋社版『ソナタ集 第2巻(11) イ長調 K.331』
シーケンサー:シンガー・ソング・ライター(Win-SSW)
MIDI音源:ローランド(Roland)SC-88VL
制作期間:2013年7月11日-8月5日
MIDIクリップ制作:仮隠居

●下記URLに過去作品取り揃えております。
http://www.youtube.com/user/BYR00746#p/u

【注意 notice】
この音楽はパーソナル・コンピューターで私自身がプログラムしたMIDIファイルを演奏しています。
This music is performing the MIDI file programmed for myself with the personal computer.
この音はシンセサイザー(ローランド SC-88VL)によって作られています。
This sound is made by the synthesizer (Roland SC-88VL).

|

« 桂文我(三代目)「上方見物」ほか | トップページ | 桂文珍「包丁間男」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂吉朝「弱法師(よろぼし)」ほか:

« 桂文我(三代目)「上方見物」ほか | トップページ | 桂文珍「包丁間男」ほか »