« 桂春之輔「もう半分」ほか | トップページ | 桂梅団治「ねずみ」ほか »

2013/02/17

橘ノ円都「けつね」ほか

【世紀末亭】2013年2月17日定期アップ

●橘ノ円都「けつね」:原作・森暁紅氏/脚色・花月亭九里丸師
「けつね」伏見稲荷の祀神にオオミケツノカミ・オオケツヒメノカミがおられ、かなり古い時代にそのケツノがケツヌ→ケツネと変化したらしい、ということが某大阪ことば事典に載っていました。奈良県ではつい最近まで普通に「けつね」と発音していたとも。その大和の「けつね」に因んだ珍しい芝居仕立の噺。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug361.htm

●橘ノ円都「浄瑠璃息子」
素人浄瑠璃に凝って稽古屋へ出かけ、夜更けて帰って来ては家人を起こし玄関を開けさせる息子に、親父さんとうとうぶち切れてしまった。今日も温習会の稽古だと夜遅く帰って来たが、表の戸を閉めたまま中へ入れてくれない。それなら表で浄瑠璃を語ってご近所に迷惑かけてやるとばかり、大声で「義経千本桜、鮨屋の段」を語りはじめる。と、そこへ巡査が……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug362.htm

             * * * * *
【ポタリング記録】
さぁ出発しようと空気を入れた途端「プッシューッ!」パンク。ガサゴソと新しいチューブに交換して出発、気ぃ悪いなぁ……

真冬とは思えん陽気に、一枚脱ぎ、二枚脱ぎ、三枚脱いだら裸になるからやめといて、それでもジンワリと汗ばみながらポタポタ・コロコロしてまいりました。

赤川鉄橋はJR城東貨物線用に複線仕様で建造されています。実際は単線運用なので、あまった半分を大阪市が借り上げて人・自転車通路として使用してきました。しかし、旅客扱い線(おおさか東線)への昇格のため、いよいよ今年の秋に複線化され放出→新大阪までの延伸工事が始まる予定です。

■2013/02/02 今秋廃止決定・赤川鉄橋ポタリング
(距離29.89/時間2:09/平均13.8/最高25.3)
走路軌跡(Atlas ASG-CM12):


出発
 ↓ ポタ
今里→鴫野→京橋→赤川鉄橋→淀川右岸自転車道→菅原城北大橋
 ↓ ポタ
赤川鉄橋→淀川左岸自転車道→菅原城北大橋→野江内代(のえうちんだい)
 ↓ ポタ
今福鶴見→放出(はなてん)→布施柳通り
 ↓ ポタ
帰宅

 ▼ 赤川鉄橋・旭区側
20130201_002

 ▼ 城東貨物線、複線部分の片側を人・自転車専用通路に使用
20130201_008

 ▼ 通路廃止と迂回路の案内看板
20130201_003

 ▼ 淀川河川敷から眺めた赤川鉄橋
20130201_014

|

« 桂春之輔「もう半分」ほか | トップページ | 桂梅団治「ねずみ」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 橘ノ円都「けつね」ほか:

« 桂春之輔「もう半分」ほか | トップページ | 桂梅団治「ねずみ」ほか »