« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012/12/16

桂雀々「せんきの虫」ほか

【世紀末亭】2012年12月16日定期アップ

●桂雀々「せんきの虫」
堺まで手紙を配達に走る町飛脚(=宅配業のようなもの)が飛田の森を走っていると、行く手をさえぎって声をかけてきた虫がいる。聞けば「疝気(せんき)の虫仲間から応援加勢を頼まれて堺へ出向くのだが、犬が恐いので道連れになってくれないか」という。快く引き受け堺まで同道すると、奇しくも目的の家が同じだった……。奇想天外、奇妙奇天烈、意外な結末、これを読まずして何を読む。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug353.htm

●橘ノ円都「加賀の千代」
大晦日を迎え、あちらこちらからの請求書をかかえ込んだ夫婦、支払いたい気持ちは十分あるが支払う金が全くない。そこで、日ごろ何かと亭主を気にかけ「井戸の釣瓶をツルに取られてもなお、もらい水をしてまで朝顔を可愛がったという、加賀の千代」のように可愛がってくれる?、ご隠居さんのところへ金を借りに行くことにしたのだが……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug354.htm

             * * * * *
【輪行ポタリング記録】
近場で、未踏地で、絵的にカラフルで、好奇心も満足させられる所はどこかないかな? と考えているうちに思いついた「大阪市環境局舞洲(まいしま)工場」のある此花区をポタポタしてきました。今冬一番の冷え込みに、心がくじけそうになりながらも、走り出したらポカポカ・ポタポタ。

■2012/12/07 大阪市環境局舞洲工場ポタ(おまけ:安治川トンネル「源兵衛渡」)
(距離37.50/時間2:42/平均13.8/最高28.4)
走路軌跡(Atlas ASG-CM12):

出発
 ↓ ポタ
JR河内永和駅
 ↓ おおさか東線・片町線・東西線(210円)
海老江駅
 ↓ ポタ
大阪市環境局舞洲工場→舞洲緑地→USJ→安治川トンネル→大阪ドーム→千日前(買い物)
 ↓ ポタ
帰宅

 ▼ 大阪市環境局舞洲工場・煙突
20121207_029

 ▼ 大阪市環境局舞洲工場・壁面
20121207_013

 ▼ 安治川トンネル(源兵衛渡)南入口
20121207_061

 ▼ 安治川トンネル内部
20121207_059

 ▼ 安治川トンネル・エレベーター地階
20121207_060

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/02

露の五郎(五郎兵衛)「三人旅浮之尼買」ほか

【世紀末亭】2012年12月2日定期アップ

●露の五郎(五郎兵衛)「三人旅浮之尼買」:弱艶笑噺
馬合い三人連れがお伊勢さんを目指して旅をする「東の旅・山辺道」シリーズのうちの一編。ところは伊勢街道、伊勢神宮のほんの少し手前「明星の宿」ということになっています。ふだんは「三人旅」の部分だけを抜き出し、馬子さんとの珍妙なやり取りを楽しみますが、今回は「尼買い」が付いた完全版。尼買いの言葉でお察しのとおり、ちょっとエロチック&罰当たりな状況となりますので、抵抗力の弱いお子様及び、お子ちゃま精神の大人様はご遠慮くださいませ。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug351.htm

●橘ノ円都「嬶(かか)違い」
甚兵衛さんの紹介で嫁さんをもらうことになったアホ、身奇麗にしようと床屋と風呂屋へ行っているあいだに仲人の代理人が嫁さんを連れて来てしまった。代理人のことゆえ、同じ日同じ長屋に同じように嫁さんをもらう家が隣り合って二軒あるとはつゆ知らず、間違って清八さんに引き合わせてしまう。間違いは続くものとみえ一度目は偶然二度目は必然、清八さんの嫁さんをアホに引き合わせ、見かけ上何事もなかったように激しくも静かな一夜が明けた次の朝……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug352.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »