« 桂つく枝(文三)「四人ぐせ」ほか | トップページ | 笑福亭由瓶「堪忍袋」ほか »

2012/10/07

笑福亭福笑「代書屋」ほか

【世紀末亭】2012年10月7日定期アップ

●笑福亭福笑「代書屋」
今回は「夏の代書屋祭り」ということで、オリジナルに近い米朝師匠、ネチッとまとわり付くような福笑師匠、そして以前に紹介している春団治師匠、枝雀師匠、ドイツ語版、イタリア語版をまとめてアップしてみました。それぞれの代書屋さんの人物像がそれぞれに違って浮かび上がれば大成功なのですが、どうなりますか……

●笑福亭岐代松「紙入れ」
「きょうは旦那がお帰りやないので遊びにおいで」と、お上さんから手紙をもらった出入りの小間物屋、のこのこ出かけ、呑めない酒をすすめられ、気分が悪くなって奥座敷の布団に横になると、隣りにお上さんがスルリッと滑り込んできた。いよいよ戦の火蓋は切られたと覚悟したその時、トントントン、表戸を叩く音がする「いま戻った、ちょっとお開け」不意に亭主の帰宅、さぁどぉする……

             * * * * *

【輪行ポタリング記録】
十数年前、二日に分けて徒歩で巡った「近江八景」を半日で駆け抜けてきました。経由の琵琶湖大橋は有料自動車道ですけど、歩道が付いていて自転車・徒歩は無料で通行できます。また、草津市が整備している湖岸自転車道は、完璧とまではいきませんが、極小径車でも比較的路面の凹凸が気になりませんでした。

■2012/10/03 近江八景ポタ(京阪大谷駅→琵琶湖大橋経由→JR唐崎駅)
(距離68.35/時間4:36/平均14.8/最高34.3)
走路軌跡(Atlas ASG-CM12):


出発
 ↓ ポタ
門真市駅
 ↓ 京阪本線・京都地下鉄・京津線(730円)
大谷駅
 ↓ ポタ
三井の晩鐘→粟津の晴嵐→瀬田の夕照→石山の秋月→矢橋の帰帆
 ↓ ポタ
琵琶湖大橋経由→比良の慕雪→堅田の落雁→唐崎の夜雨
 ↓ ポタ
唐崎駅
 ↓ JR湖西線・東海道線・環状線(1110円)
鶴橋駅
 ↓ ポタ
帰宅

 ▼ 京阪大谷駅スタート、午前11時
20121002_001

 ▼ 【三井の晩鐘より】園城寺仁王門
20121002_002

 ▼ 【石山の秋月より】石山寺山門
20121002_006

 ▼ 【堅田の落雁より】満月寺浮御堂
20121002_042

 ▼ JR唐崎駅ゴール、午後4時
20121002_057

|

« 桂つく枝(文三)「四人ぐせ」ほか | トップページ | 笑福亭由瓶「堪忍袋」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笑福亭福笑「代書屋」ほか:

« 桂つく枝(文三)「四人ぐせ」ほか | トップページ | 笑福亭由瓶「堪忍袋」ほか »