« 露の五郎(五郎兵衛)「浮世床」ほか | トップページ | 笑福亭福笑「代書屋」ほか »

2012/09/16

桂つく枝(文三)「四人ぐせ」ほか

【世紀末亭】2012年9月16日定期アップ

●桂つく枝(文三)「四人ぐせ」
ひと~つ、ゴシゴシ目をこする。ふた~つ、スリスリ鼻下こする。み~っつ、シュッと両袖を引っ張る。よ~っつ、「こらえぇ」ポ~ンと手を打つ。四つの特徴的な癖を持った四人の男が集まって、それぞれの癖が出れば千円の罰金を科して、癖を矯正しようという相談がまとまった。よくある話の展開だが……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug342.htm

●桂米朝「代書」(米団治33回忌追善オリジナル版)
古典落語と思われている「代書」は、実は米朝師の師匠である四代目桂米団治師匠が昭和14年ごろに作り上げられた新作落語です。実際に副業として代書屋をやっておられた米団治師匠が、日頃接しているお客さんの姿を落語に投影して出来上がっています。現在おもに演じられているものは、内容的に不適当な部分を割愛して短くまとめ上げられていますが、オリジナル完全版は完全版と呼ぶにふさわしくまことに完全です。って何が完全なのやら……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug343.htm

|

« 露の五郎(五郎兵衛)「浮世床」ほか | トップページ | 笑福亭福笑「代書屋」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂つく枝(文三)「四人ぐせ」ほか:

« 露の五郎(五郎兵衛)「浮世床」ほか | トップページ | 笑福亭福笑「代書屋」ほか »