« 桂枝雀「おもいでや」ほか | トップページ | 桂文我「田舎芝居」ほか »

2012/05/20

桂ちょうば「明石飛脚」ほか

【世紀末亭】2012年5月20日定期アップ

●桂ちょうば「明石飛脚」
大阪から播州・明石までの距離は今も昔も十五里(60km)と決まっている、多少の地殻変動があったからといって大きく伸びたり縮んだりするものではない。ここに一人の男が甚兵衛さんに頼まれ、一通の手紙を届けることになった。脚力には自信があり、夕方までに届けられるだろうと出発したが、西ノ宮で「大阪から明石まではどれぐらいありますか?」と尋ねると「十五里」と減ってないではないか。三ノ宮で尋ねても「十五里」須磨で尋ねても「十五里」ついに疲れ果てて明石・人丸神社で寝入ってしまうと……、寝ているあいだに明石に着いた。と、これは前半、続きは……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug492.htm

●桂文太「八五郎出世」:江戸落語「妾馬(めかんま)」
八五郎の妹お鶴は縁あってお城へ女中として召され、殿様の目にとまり側室として迎えられていた。いま「その側室、妹のお鶴がお世継ぎを産んだ。殿じきじきお会いになるので、城へまかり出るよう」とのお達しが届く。家主は礼儀作法いろいろ注意を与えるが、大工の八五郎に武家社会のしきたりなど理解できるはずもない。黒紋付・袴に着替えて出かけて行ったものの……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug330.htm

|

« 桂枝雀「おもいでや」ほか | トップページ | 桂文我「田舎芝居」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂ちょうば「明石飛脚」ほか:

« 桂枝雀「おもいでや」ほか | トップページ | 桂文我「田舎芝居」ほか »