« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012/05/20

桂ちょうば「明石飛脚」ほか

【世紀末亭】2012年5月20日定期アップ

●桂ちょうば「明石飛脚」
大阪から播州・明石までの距離は今も昔も十五里(60km)と決まっている、多少の地殻変動があったからといって大きく伸びたり縮んだりするものではない。ここに一人の男が甚兵衛さんに頼まれ、一通の手紙を届けることになった。脚力には自信があり、夕方までに届けられるだろうと出発したが、西ノ宮で「大阪から明石まではどれぐらいありますか?」と尋ねると「十五里」と減ってないではないか。三ノ宮で尋ねても「十五里」須磨で尋ねても「十五里」ついに疲れ果てて明石・人丸神社で寝入ってしまうと……、寝ているあいだに明石に着いた。と、これは前半、続きは……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug492.htm

●桂文太「八五郎出世」:江戸落語「妾馬(めかんま)」
八五郎の妹お鶴は縁あってお城へ女中として召され、殿様の目にとまり側室として迎えられていた。いま「その側室、妹のお鶴がお世継ぎを産んだ。殿じきじきお会いになるので、城へまかり出るよう」とのお達しが届く。家主は礼儀作法いろいろ注意を与えるが、大工の八五郎に武家社会のしきたりなど理解できるはずもない。黒紋付・袴に着替えて出かけて行ったものの……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug330.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/06

桂枝雀「おもいでや」ほか

【世紀末亭】2012年5月6日定期アップ

●桂枝雀「おもいでや」:原作・桂枝雀師
通い慣れた道すがら、小さすぎて見過ごしていたものか「おもいでや」の看板を掲げた道具屋を発見し、冷やかしにちょっと覗いて見ることにした。並んでいるのは文机、竹の耳掻き、安っぽい装飾品が目に入る程度でわずかばかり、道具屋にしては商品が少ない。ためしに机の値を尋ねてみたら二千五百円と安すぎる、それに比べ横の耳掻きは何と五十万円だとか。話を聞けば、この店は想い出を売り買いする「おもいでや」だと言うのだ。興味が湧いて文机の想い出を買うことに……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug491.htm

●笑福亭松鶴「市助酒」
火の用心の夜回りをする市助が「火の用心お頼の申しまっせぇ、火の用心お頼の申しまっせぇ」酒に酔ってくどくど何度も繰り返すのに「いっぺん言ぅたら分かったぁる、どびつこい」と、言葉を荒げた番頭を「船場の番頭さんがそんな荒くれない言葉使う人があるかい」大旦那がとがめた。明くる日、番頭は無礼を詫びようと「亡くなった母の祥月命日供養に」との口実を設けて市助に酒を振るまうのだが……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug329.htm

             * * * * *
【輪行ポタリング記録】
GW第1弾は(2弾の予定ないのですけど……)近場輪ポタ。人出がすごいだろうなと思いのほか、意外なほど人影がなく、秋篠寺なんかお一人さま貸し切り状態でした。

■2012/04/29 佐保路・佐紀路輪ポタ(法華寺・平城宮跡・秋篠寺)
(距離15.07/時間1:07/平均13.3/最高32.6)
走路軌跡(Atlas ASG-CM12):


出発
 ↓
河内小阪駅
 ↓ 近鉄奈良線(430円)
近鉄奈良駅
 ↓ ポタ
佐保路→法華寺→佐紀路→平城宮跡→秋篠寺
 ↓ ポタ
学園前駅
 ↓ 近鉄奈良線(340円)
河内小阪駅
 ↓
帰宅

 ▼ 佐保路・佐保川
20120429_003

 ▼ 佐保路・佐保川、法連橋
20120429_002

 ▼ 佐紀路・平城宮跡、朱雀門
20120429_013

 ▼ 佐紀路・秋篠寺、山門
20120429_014

 ▼ 佐紀路・秋篠寺、南門から本堂へ続く道
20120429_016

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »