« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012/04/22

桂枝雀「九日目」ほか

【世紀末亭】2012年4月22日定期アップ

●桂枝雀「九日目」:原作・織田正吉氏
あちらこちらに声をかけ「何か手伝いは?」用事を言い付かってその日を暮らしている男があった。言いたいことも言えず、したいこともできず、子守の子にも馬鹿にされ、疲れ果てて寝入ったその夜中、枕元に死神が現れ「お前の寿命は、あと九日じゃ」と宣告して去って行った。「ようし、残された時間、今までできなかったことをし、言えなかったことを言ってやろう」まずは瀬戸物屋の子どもの頭をボコッ、乾物屋のブサイクな嫁はんの悪口を言い、着物を着たまま女湯に浸かって迎えた九日目の夜明け……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug490.htm

●桂都丸(塩鯛)「強情灸」
ちょっと体の調子をそこね灸(やいと)を据えに行った辰っつぁん、恐さでためらっている前の別嬪さんに順番を代わってもらった。彼女の手前、男らしく辛抱してえぇとこを見せたかったのだが、聞きしに勝る熱さに飛んで逃げ帰ってしまう。それを聞いた熊はん「たかが灸やないか、しっかりせんかい。わしがビックリ据えっちゅうのん見したるわい」握り飯ほどもあるモグサを腕に乗せ火を点けると……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug328.htm

             * * * * *
【最近の手慰み】
DTM/MIDIで遊ぶクラシック、今回は軽くワルツでもとチャイコフスキーの「くるみ割人形」から“花のワルツ”だけをシングルカットするつもりだったのに、「金平糖の踊り」もいいな、「葦笛の踊り」も捨てがたい、「トレパック」は短いからすぐできるぞ、なら「中国の踊り」も、え~いもうまとめて全曲入れてまえ。ということで、想定外の組曲全入力となりました。

  スコア:音楽之友社『チャイコフスキー「胡桃割人形」組曲 Op.71a』
  シーケンサー:シンガー・ソング・ライター(Win-SSW)
  MIDI音源:ローランド(Roland)SC-88VL
  制作期間:2012年2月10日~3月30日
  付属画像:大阪花博記念公園・咲くやこの花館ほか(2012/03/29)

●Tchaikovsky "The Nutcracker" Suite Vol.1
I. Miniature Overture
II. Danses caracteristiques
  a. Marche
  b. Dance of the Sugar Plum Fairy
  c. Russian Dance (Trepak)
  d. Arabian Dance

●Tchaikovsky "The Nutcracker" Suite Vol.2
  e. Chinese Dance
  f. Reed-Flutes
III. Waltz of the Flowers

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/08

桂枝雀「いたりきたり」ほか

【世紀末亭】2012年4月8日定期アップ

●桂枝雀「いたりきたり」:作・桂枝雀師
何か心に満たされないものがあるのでしょう、人は動物を飼うことによってその隙間を埋めようとします。この男もたまたま家の近所で見つけた、巣穴を出たり入ったりする「いたりきたり」と、穴の前を行ったり来たりする「でたりはいったり」を飼いはじめたのです。ケージの間仕切りを出たり入ったり、行ったり来たりする様子を眺めるうち、せわしなく立ち働く生活のむなしさをなんとなく感じていたある日、友人が訪れ「俺も何か飼いたい、世話してくれ」と言いだした……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug489.htm

●笑福亭鶴志「借家怪談」
長屋の貸し屋札を見て訪ねて来た男、隣りの部屋の住人に間取りや家賃を聞くと「あの部屋は敷金なし、家賃は家主のほうから十八円くれる。けどこれには少々わけがあって幽霊が……」と、追い返してしまった。実はこの空家、長屋の連中が物置代わりに使っており住人が決まると困るというわけで、来るもの来るもの幽霊話で追い返していたのだ。今日しもまた部屋を借りたいという男が来たのだが……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug327.htm

             * * * * *
【輪行ポタリング記録】
4月を迎えると、車くるま、人ひとヒト、また人の吉野山も、シーズンをちょっとだけ外せばご覧のとおり「しずか」なもの。こいう風情が「よしつね」。満開の桜を想像しながら、吉野山のプチ・ヒルクライム&ダウンヒルを楽しんできました。

■2012/03/22 吉野山めぐり輪ポタ(吉野山・中千本・蔵王堂・下千本・吉野川)
(距離32.68/時間2:31/平均12.9/最高35.2)
走路軌跡(Atlas ASG-CM12):


出発
 ↓
河内小阪駅
 ↓ 近鉄奈良線・大阪線・橿原線・吉野線(950円)
吉野駅
 ↓ ポタ
中千本→蔵王堂→下千本→吉野川
 ↓ ポタ
JR五条駅
 ↓ 和歌山線・関西線・おおさか東線(950円)
JR河内永和駅
 ↓ ポタ
帰宅

 ▼ 吉野駅を出発
20120321_038

 ▼ 中千本・蔵王堂
20120321_009

 ▼ どうです、この満開を迎えたら、さぞ華やかだろう桜木の風情(気で気を養う下千本)
20120321_030

 ▼ 荒っぽい表情の吉野川
20120321_042

 ▼ JR五条駅に到着
20120321_049

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »