« 桂枝雀「とり」ほか | トップページ | 桂枝雀「いたりきたり」ほか »

2012/03/18

桂枝雀「いぬ」ほか

【世紀末亭】2012年3月18日定期アップ

●桂枝雀「いぬ」:原作・小佐田定雄氏、「干支落語シリーズ1994」
新年会帰り、最終の電車を降り家路を急いでいると、公園の隅のほうから何やらヒソヒソ話し声がしてくるではないか。見るとはなしに目をやると、な、なな、何と犬がしゃべっている。どんなことを話しているのか気になり、ソッと立ち聞きしているのを若い犬に見とがめられ「す、スビバせんねぇ」謝ると、長老とおぼしき松鶴師匠によく似た犬が現れ……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug488.htm

●笑福亭松鶴「ざこ八」
十年ぶりに江戸からフラッと戻って来た鶴は眼鏡屋の弟息子、むかし世話になった町内の新兵衛を訪ね、挨拶がてら世間話をするうち、触れてはならない過去をたどってしまう。彼が雑穀商「ざこ八」の娘、糸のもとへ婿入り予定の夜、突然失踪したのが原因で「ざこ八」の家は没落し、一人生き残った糸はいま、病に冒され無残な姿で裏長屋にひっそり暮らしているというのだ……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug326.htm

|

« 桂枝雀「とり」ほか | トップページ | 桂枝雀「いたりきたり」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂枝雀「いぬ」ほか:

« 桂枝雀「とり」ほか | トップページ | 桂枝雀「いたりきたり」ほか »