« 桂枝雀「ひつじ」ほか | トップページ | 桂枝雀「とり」ほか »

2012/02/19

桂枝雀「さる」ほか

【世紀末亭】2012年2月19日定期アップ

●桂枝雀「さる」:原作・小佐田定雄氏、「干支落語シリーズ1992」
手塩に育てた跡取り息子が「家を出て人間になりたい」と、親旦那に願い出る。この猿山の暖簾を継ぐ大事な若旦那、父親としてはそんなバカな話を受け入れることはできない。お決まりの言い争いのあと「勘当じゃ出て行け」「出て行きまへいでか」とそこへ、これまたお定まりの番頭さんが出てきて「まぁまぁまぁまぁ……」コンコンと若旦那を説得にかかるのですが……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug486.htm

●笑福亭生喬「喧嘩長屋」
帰って来た亭主相手に「殺せ、叩き殺せ」いつもの喧嘩が始まった。死ぬの生きるのと、ただごとならぬ騒ぎに止めに入った長屋の家主だったが、嫁さんとの仲を勘ぐられて喧嘩に巻き込まれてしまう。と、それを見ていた長屋の住人、見かねて止めに入る。が、これもまた巻き込まれて……。A・ヒッチコックでお馴染み、巻き込まれ型サスペンス、かなぁ?
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug324.htm

|

« 桂枝雀「ひつじ」ほか | トップページ | 桂枝雀「とり」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂枝雀「さる」ほか:

« 桂枝雀「ひつじ」ほか | トップページ | 桂枝雀「とり」ほか »