« 露の団姫「一眼国」ほか | トップページ | (二代)桂春蝶「昭和任侠伝」ほか »

2011/11/06

桂枝雀「猪の酒」ほか

【世紀末亭】2011年11月6日定期アップ

●桂枝雀「猪の酒」:原作・小佐田定雄氏
世間に知られた名酒に飽き足らず、隠れた逸品を求め日本国中を旅して回る男がいた。茶店でふと聞いた「珍しい酒がある」のひと言に、人里離れた山奥の宿へたどり着き、きのう獲れたばかりの新鮮な「猪鍋(ししなべ)」をいただくのです。そもそも「猪(いのしし)の肉(にく)」というのは間違いで「猪(い)の肉(しし)」が正しいのだ、ちゅな説明を受けながら、やがて待望の「イのシシ酒」が出され、一杯呑むと体がカ~ッ、二杯、三杯呑む頃には……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug479.htm

●桂小春団治「須磨の浦風」
大阪今橋に住む豪商と言えば鴻池善右衛門。その邸宅を紀州の殿さまがお訪ねになると決まり、お迎えの準備に趣向を凝らすことになるのです。真夏に真冬の姿かたちでお持て成しをしよう、最後の仕上げに須磨浦の涼風を吹かそう。さっそく人足を手配して浦風を取りにやらせるのですが……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug317.htm

|

« 露の団姫「一眼国」ほか | トップページ | (二代)桂春蝶「昭和任侠伝」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂枝雀「猪の酒」ほか:

« 露の団姫「一眼国」ほか | トップページ | (二代)桂春蝶「昭和任侠伝」ほか »