« 桂雀松「磐若寺の陰謀」ほか | トップページ | 桂枝雀「猪の酒」ほか »

2011/10/16

露の団姫「一眼国」ほか

【世紀末亭】2011年10月16日定期アップ

●露の団姫「一眼国」
ネタ枯渇に商売あがったりの見世物小屋の主人は、何かいいネタはないものかと毎日捜し求めていた。ある日、全国を旅して回っているという自称雲水(うんすい:禅宗の出家)を招き入れ、豪華食事と引き換えに情報収集を試みるのであるが、一つ目小僧に出会ったという耳寄りな話を仕入れた。さっそく、生け捕りにしようと出かけてみると……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug478.htm

●桂阿か枝「商売根問」
二人の男がビジネスモデル特許について語り合う最先端を行く上方落語……、なんていうのはウソです、奇想天外な小銭儲けの方法を論理立てて語ってゆきます。ただ、その論理が滅茶苦茶なだけなんですけど。しゃべくり漫才の原点「根問(ねどい)もの」、古典的ボケとツッコミは現在でも十分通用します(たぶん)。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug316.htm

             * * * * *

【ポタリング記録】
わたしの住まう東大阪市は名前の示すとおり大阪市の東隣りに位置し、おおむね全域市街化されて“土の地べた”を見つけるのが困難な街です。しかし、そんな市街化されたわが街にも、取り残されたように田園風景が広がる地域がありました。

生駒山の裾野傾斜地、市の最東部、近鉄奈良線「瓢箪山駅」と大阪線「河内山本駅」双方から3キロ離れ、公共交通機関はバス路線のみという地の利の悪さからか、1キロ四方ほどポッカリ穴の開いたように宅地化をまぬがれている場所があるのです。

そんな貴重な田園風景の秋をカメラに収めるため、Karinkyo2号でポタポタ出かけてみました。実際には市街化宅地の中に残るホンの猫の額ほどの田畑ですけど、フレームワーク次第で見事、里の景色が現れました。

■11/10/08 里の秋撮影ポタ(東大阪市横小路・八尾市楽音寺)
(距離20.12/時間1:27/平均13.7/最高25.3)
走路軌跡(Atlas ASG-CM12):」

 ▼ 里の秋「柿」」
20111008_062

 ▼ 里の秋「稲穂」
20111008_048

 ▼ 里の秋「棚田」
20111008_042

 ▼ 里の秋「苅田」」
20111008_056

|

« 桂雀松「磐若寺の陰謀」ほか | トップページ | 桂枝雀「猪の酒」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 露の団姫「一眼国」ほか:

« 桂雀松「磐若寺の陰謀」ほか | トップページ | 桂枝雀「猪の酒」ほか »