« 笑福亭松鶴「正月丁稚」ほか | トップページ | 桂梅団治「転失気」ほか »

2011/08/07

月亭八天「鬼の面」ほか

【世紀末亭】2011年8月7日定期アップ

●月亭八天「鬼の面」
女中奉公に出ている女の子が、母にそっくりなお多福の面をもらった。里の親に見立てて毎晩語りかけていたのだが、ある日取り出してみると鬼の面に変わっている。「もしや母親に異変が起こったのでは?」と心配になり、店の者に内緒で里に戻ってみると、母親は元気で何事もない。そのころ店では行方不明になった女の子を探して大騒動に……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug309.htm

●桂福団治「南京屋政談」
「お天道さんと米の飯は付いて回るわい」威勢のいい啖呵を切って家を飛び出た若旦那だったが、世の中そう甘くはない。進退きわまり橋から身を投げようとするところを叔父に助けられ、南京カボチャの振り売りで一からやり直しを図ることに。商売初日、町の人々に助けられながらも全ての南京を売り尽くし、とある母子家庭の玄関先を借りて弁当をつかわせてもらっていると……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug310.htm

             * * * * *

MIDIで打ち込むバーチャル・フルオケ、交響曲シリーズ第2弾はシューベルトの7番です。いや、8番かな? いろいろ説があるようなのですが利用したスコアの『交響曲第7番 ロ短調“未完成”D.759』ということにしておきます。

解説書によれば、3楽章の20小節目まで総譜に書かれ、あとは主部のピアノスケッチだけ残されているのだとか。それで未完成、でも十分に完成された未完成ですね。

  スコア:日本楽譜出版社
        『シューベルト 交響曲第7番 ロ短調“未完成”D.759』
  シーケンサー:シンガー・ソング・ライター(Win-SSW)
  MIDI音源:ローランド(Roland)SC-88VL
  制作期間:2011年5月1日~7月8日
  付属画像:大阪シティ(2010/10/01)
  MIDIクリップ制作:仮隠居
  注記:第1楽章の反復を省略しています。

第1楽章

第2楽章

|

« 笑福亭松鶴「正月丁稚」ほか | トップページ | 桂梅団治「転失気」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月亭八天「鬼の面」ほか:

« 笑福亭松鶴「正月丁稚」ほか | トップページ | 桂梅団治「転失気」ほか »