« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011/08/21

桂梅団治「転失気」ほか

【世紀末亭】2011年8月21日定期アップ

●桂梅団治「転失気」
ちょっと体の調子を崩したお住持が、往診に来てもらった先生から「転失気(てんしき)はございますかな?」と問診を受ける。がしかし「転失気」の意味が分からん。困った困った高麗狗師弟、社会的・身分的立場上「知らぬ」と言い出しかねて、とにかくその場は誤魔化し「謀は密なるを良しとす」小僧を野に放って探らせようとするのだが……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug311.htm

●笑福亭遊喬「風呂敷」
亭主の留守に若い衆を家に上げ、雨戸を閉め切ってお茶を飲んでいるところに「帰りは遅くなる」と出たはずの亭主が突然帰って来た。さぁ大変、いや、大変なことはないはずなのだが大変と思い込んで、とりあえず若い衆を押し入れに隠し、近所の知人に助けを求める。助けを求められる方も大変で、けど頼られた以上何とかしてやらないといけない。そこである秘策を思いつくのだが……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug312.htm

             * * * * *

【輪行ポタリング記録】

天気図を眺めていると、秋雨前線とやらが日本列島の北方に横たわり、明日にも南下して来るそうなので、夏らしい陽気も今日明日限りらしいという噂です。じゃあひとっ走り海沿いでも。と、乗り換えなしで望める一番近い海めざして……

■2011/08/17 南港ポタ(なにわの海の時空館・野鳥園・WTCコスモタワービル・松鶴の家)
(距離35.17/時間2:25/平均14.5/最高29.0)
 
走路軌跡(Atlas ASG-CM12):

出発
 ↓ ポタ
地下鉄・高井田
 ↓ 地下鉄中央線(310円)
コスモスクエア
 ↓ ポタ
なにわ海の時空館→南港野鳥園→WTC大阪ワールドトレードセンター(コスモタワー)
 ↓ ポタ
インテックス大阪→住之江公園→東粉浜・松鶴の家「無学」
 ↓ ポタ
帰宅

20110817_008
 ▲ 南港「なにわの海の時空館」とWTCコスモタワー(大阪府咲洲庁舎)

20110817_024
 ▲ WTC大阪ワールドトレードセンタービル(大阪府咲洲庁舎)

20110817_038
 ▲ 東粉浜・六代目松鶴旧邸「無学」

20110817_040
 ▲ 六代目松鶴旧邸石碑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/07

月亭八天「鬼の面」ほか

【世紀末亭】2011年8月7日定期アップ

●月亭八天「鬼の面」
女中奉公に出ている女の子が、母にそっくりなお多福の面をもらった。里の親に見立てて毎晩語りかけていたのだが、ある日取り出してみると鬼の面に変わっている。「もしや母親に異変が起こったのでは?」と心配になり、店の者に内緒で里に戻ってみると、母親は元気で何事もない。そのころ店では行方不明になった女の子を探して大騒動に……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug309.htm

●桂福団治「南京屋政談」
「お天道さんと米の飯は付いて回るわい」威勢のいい啖呵を切って家を飛び出た若旦那だったが、世の中そう甘くはない。進退きわまり橋から身を投げようとするところを叔父に助けられ、南京カボチャの振り売りで一からやり直しを図ることに。商売初日、町の人々に助けられながらも全ての南京を売り尽くし、とある母子家庭の玄関先を借りて弁当をつかわせてもらっていると……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug310.htm

             * * * * *

MIDIで打ち込むバーチャル・フルオケ、交響曲シリーズ第2弾はシューベルトの7番です。いや、8番かな? いろいろ説があるようなのですが利用したスコアの『交響曲第7番 ロ短調“未完成”D.759』ということにしておきます。

解説書によれば、3楽章の20小節目まで総譜に書かれ、あとは主部のピアノスケッチだけ残されているのだとか。それで未完成、でも十分に完成された未完成ですね。

  スコア:日本楽譜出版社
        『シューベルト 交響曲第7番 ロ短調“未完成”D.759』
  シーケンサー:シンガー・ソング・ライター(Win-SSW)
  MIDI音源:ローランド(Roland)SC-88VL
  制作期間:2011年5月1日~7月8日
  付属画像:大阪シティ(2010/10/01)
  MIDIクリップ制作:仮隠居
  注記:第1楽章の反復を省略しています。

第1楽章

第2楽章

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »