« 橘ノ円都「ぞろぞろ」ほか | トップページ | 橘ノ円都「うんつく酒」ほか »

2011/06/19

林家染丸「幸助餅」ほか

【世紀末亭】2011年6月19日定期アップ

●林家染丸「幸助餅」
長堀でも一、二を争うもち米問屋・大黒屋幸助は今、妹の小花を新町の御茶屋に三年の年季で預け、引き換えに潰れた店の再興資金三十両を受け取った。相撲好きが高じ、贔屓の雷五郎吉(いかずちごろきち)に入れ揚げて、あっちこっち連れて歩いての散財が祟り、この体たらく。「キッパリと相撲と縁を切り、今から死に物狂いに働いて、大黒屋を元通りにしてみせます」と、誓って店をあとにしてすぐ、江戸へ出ていた雷五郎吉とバッタリ。二年の修行で大関にまで上り詰めたと聞いて、ついつい祝儀として懐に入れた三十両を……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug303.htm

●笑福亭三喬「禁酒関所」
酒で失敗する家臣があとを断たないことに業を煮やした殿様が「武士禁酒令」を出す。けど、禁は破るためにあるもの、寝酒を呑みたい武士が密かに一升配達を頼むのだが、屋敷町への入口には酒の進入を食い止めるため関所が設けられていた。そこで酒屋は考えた、酒を酒と分からぬよう偽装すれば突破できるかも? 計略は成功するや否や……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug304.htm

|

« 橘ノ円都「ぞろぞろ」ほか | トップページ | 橘ノ円都「うんつく酒」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 林家染丸「幸助餅」ほか:

« 橘ノ円都「ぞろぞろ」ほか | トップページ | 橘ノ円都「うんつく酒」ほか »