« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011/05/22

桂枝雀「さくらんぼ(頭山)」ほか

【世紀末亭】2011年5月22日定期アップ

●桂枝雀「さくらんぼ(頭山)」
好物のサクランボを鉢に山盛り食べてしまった男、慌てていたものとみえ、種も一緒に飲み込んだらしい。数日後、温みと水気で芽が出たような感覚をお腹に覚え「おっかしぃなぁ」とは思ったものの「まぁまぁ、こなれるわい」放っておいたところが、体内を這い上がり頭を突き抜けてニョキッ。日ごとにどんどん大きくなり、今では幹周りひと抱えもあるようなリ~ッパな桜の巨木に成長してしまった。こんな立派な桜花、みな黙っているわけがなく、やがて頭山の桜を目指し近郷、近在から花見に繰り出す人の列が。そのあまりの煩わしさに、意を決して引き抜くと大きな穴、雨水が溜まって池になり、ボウフラがわき、メダカがわき、フナがわき、コイがわき、釣り人がわき、花火や上げてかボ~ンッ……、というような浮遊落語。
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug299.htm

●(六代)笑福亭松鶴「相撲場風景」
大相撲大阪場所は別名「春場所」と言われるとおり、初日、冬の寒さが残っていても、千秋楽の頃にはすっかり春の陽気が訪れています。大阪の春は相撲が運んでくると言っていいぐらい、触れ太鼓の音が聴こえると心ウキウキ相撲見物に繰り出すのです。これだけ多くの人間が集まれば十人十色、いろいろな人が混じるわけでして、座高が高すぎて後ろの人に文句言われてる人、贔屓力士の応援にツバキを飛ばして怒られてる人、力が入りすぎて前の人の帯を掴み喧嘩になってる人、手に握り飯を持ったまま振り回し後ろの人に食われてる人、そして、朝一からズッと座りっぱなしに小便を我慢し、いんまの今、我慢できずに……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug300.htm

             * * * * *

地震の被害の大きさに揺らぐ心がこんな曲を打ち込ませました。自家製MIDI+大阪平野の夕景です。

スコア:全音楽譜出版社『バッハ 管弦楽組曲全曲 BWV1066-1069』より、BWV1068 組曲第3番2楽章 "アリア"
シーケンサー:シンガー・ソング・ライター(Win-SSW)
MIDI音源:ローランド(Roland)SC-88VL
制作期間:2011年4月17-4月22日
付属画像:自宅より眺めた大阪平野の夕景(2011/04/21)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/08

桂梅団治「宇治の柴舟」ほか

【世紀末亭】2011年5月8日定期アップ

●桂梅団治「宇治の柴舟」
主家(おもや)からの急用で駆けつけた熊五郎、大旦那にわけを聞くと「若旦那が急病で寝付き、医者の診立てでは何かを思いつめた様子、その原因さえ分かれば薬の調合も可能になり助かる。そこで、幼なじみの熊はんに聞き出してもらいたい」というのだ。さっそく、若旦那を問い詰めると「本町の画廊で見た、井上宗山作の美人画に心奪われた」と、こんなアホなことをぬかすではないか。とりあえず「そのモデルとなった女性」を探しに行こうとなだめて宇治へ養生に出、一週間ほどたった雨上がりの夕景小前、旅館の前に一人の女性が……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug297.htm

●(六代)笑福亭松鶴「三人兄弟」
長兄の作次郎さんは上品な着物を召して、新町やミナミの高級茶屋で鷹揚に遊び、次男の彦三郎さんは着流しに雪駄ばき、粋な垢抜けた遊び、末の吉松(きちまつ)っつぁんは阿波座の親分の元に出入りし、松島あたりを流して歩くという実に手荒い遊び、遊びのスタイルは違えども三人が三人とも道楽者ということに関しては違いがないのです。さぁ困った親旦さん、度重なる意見も「馬の耳に風」どうしても聞く気がないようなので、三人を二階住まい、食事以外降りてくることを禁じてしまいます。数日経ったある宵の口……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug298.htm

             * * * * *

【輪行ポタリング記録】
気象庁によれば「はれ」の予報でした。しかし、出かける頃になってもボンヤリと曇り空、でも予報を信じて飛び出しました。なのに現地に到着すると「あめ」ではないですか。気象庁の嘘つきッ! 8インチ極小径折りたたみ自転車キャリー・ミーを展開して走り始めた頃には小雨になったので、そのまま決行。撤収する頃になって「はれ」とは……、なんでやねん。

■2011/04/30 西の京・斑鳩(垂仁天皇陵・唐招提寺・薬師寺・中宮寺・法隆寺)
(走行距離48.83/走行時間3:05/平均速度15.7/最高速度31.7)
走路軌跡(Atlas ASG-CM12):

出発
 ↓ 近鉄奈良線
大和西大寺駅
 ↓ ポタ
垂仁天皇陵→唐招提寺→薬師寺→大和郡山→中宮寺→法隆寺
 ↓ ポタ
国道25号線・国道170号線
 ↓ ポタ
帰宅
 

20110430_018
 ▲ 奈良西の京・薬師寺
 

20110430_024
 ▲ 大和郡山は金魚の里
 

20110430_032
 ▲ 斑鳩の里
 

20110430_043
 ▲ 法隆寺山門

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »