« 橘ノ円都「しびんの花活け」ほか | トップページ | 江戸・上方競演「火焔太鼓」ほか »

2011/03/20

桂枝雀「権兵衛狸」ほか

【世紀末亭】2011年3月20日定期アップ

●桂枝雀「権兵衛狸」
ある山里の村はずれに権兵衛さんというお方が住んでおりました。昔はずいぶん悪さもしたんやそうですが、お上さんをもらってからはすっかり丸くなり、そのお上さんを十年前に亡くしてからというもの、一人者の気軽さから、村の若いもんを家に呼んではよく可愛がっております。今日も一日の仕事を終えひとしきり「ワァワァワァワァ」たわいない話で盛り上がったあと、それぞれがそれぞれの家へさして帰ってしまいます。権兵衛さん、寝酒をグ~ッとあおって布団に潜り込み、ウトウト、ウトウトッとしかけますと、表の戸をば「(トントン)権兵衛(ごんべ)はん(トントン)権兵衛はん」……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug291.htm

●江戸・上方競演「火焔太鼓」
生来の商売下手でいつも損ばかりしている道具屋。市で、真っ黒い煤の塊りみたいな太鼓を一分で押し付けられて帰って来た。それを見た嬶(かか)に「売れやしないよ」と毒づかれるのを聞きながら、小僧の定吉に表でハタキを掛けるよう言いつけると(ドンドン・ドンドン・ドンドンドンッ……)遊んでやがる。その音を聴きつけてフラッと入って来たのが、江戸詰め大名の家来らしいお侍さんで「音を聴いてお上が大層気に入った、品物を見たいので屋敷まで持参いたせ」商売になるかな? と思う横で、また嬶が「あんな物見せてごらん、家来に追いかけられて、松の木に括られちまうから」恐る恐る屋敷へ持って行くと……

◆桂坊枝「火焔太鼓(上方)」
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug292.htm
◆古今亭志ん生「火焔太鼓(江戸)」
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug293.htm

|

« 橘ノ円都「しびんの花活け」ほか | トップページ | 江戸・上方競演「火焔太鼓」ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂枝雀「権兵衛狸」ほか:

« 橘ノ円都「しびんの花活け」ほか | トップページ | 江戸・上方競演「火焔太鼓」ほか »