« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011/02/20

桂小文枝(五代文枝)「後家馬子」ほか

【世紀末亭】2011年2月20日定期アップ

●桂小文枝(五代文枝)「後家馬子」
大阪玉造にありますお稲荷さんのそばの裏長屋に、お辰、お櫛という母娘が住んでおりました。亭主とは死に別れたものの、娘が大きくなり髪結いに奉公に行くようになって少しはゆとりがでたものか、明るいうちから風呂に行き、大好きな酒を呑めるような生活を送っております。と、自然あちらの方が寂しくなり馬方をしている八蔵という男ができるのです。しかし、お櫛は死んだ父親だけが父親という思いから、八蔵を認めるどころか、そんなお辰に対して反発するのでした。今日もその話で母娘喧嘩が始まったそのとき、八蔵が訪れたものですから、パッと表へ飛び出します。お辰に連れ戻すよう頼まれた八蔵が走って追いかけると、何を思ったかお櫛は天満橋の橋の上から身を翻し、ドボ~ンッ……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug287.htm

●桂枝雀「茶漬けえんま」:原作・小佐田定雄氏
今、目の前に茶漬けを食べている閻魔さんがいる。どうして茶漬けを食べているのか? それは昨晩、キリストさんの家で振舞われた肉が脂身の多い安もんの肉で、なおかつキリストさんの酒癖が悪く、アバラの古傷を見せてはグダグダ管を巻くので早々に退散したものの、小腹が空いて帰り道に精進料理でもよばれようと、お釈迦さんの家に寄ったところが、悪い油をどっさり使った、ダダ辛い本場インドカレーを食わされ、キッチリ悪酔いしてしまった。で、朝食はこうしてお茶漬けをサラサラ・ズズ・ズズズズ~ッ、とよばれているのだと言う。その茶漬けを食べ終えた閻魔さんに連れられ、閻魔の庁へと出かけて行くと……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug288.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/06

桂枝雀「猫」ほか

【世紀末亭】2011年2月6日定期アップ

●桂枝雀「猫」:原作・小佐田定雄氏
わたしは猫です。名前を五郎といい、っちゅうか、今の飼い主の付けた名が五郎で、この前まで飼われてた小児科の橋本先生のところでは別の名前だったかも知れません、いや、そんなことはどっちゃでもええのんです。ある雨の夜、道に迷って土管の中でニャ~ニャ~鳴いてるところを前田さん、あッこれが今の飼い主です、に拾われ、何不自由なく暮らしてます。今もテレビドラマを一緒に見てましたら、前田さんが「えぇドラマやったなぁ」とおっしゃったものですから、つい気を許して「ほんとにそぉだしたなぁ」と返事してしまいました。これがこの噺の始まりです……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug285.htm

●桂九雀「孝行糖」
大阪の道頓堀、大和町(やまとまち)一丁目の長屋に住んでおりますのが大工の吉兵衛さん。大工の腕はすこぶる付きの下手糞、しかも人間がちょっと抜けてる。しかし、私欲が無いものですから、どこそこの塀が壊れてるといいますと、家のもんが気付かぬうちに道具を持って行ってトントントンと直してしまう。戸が倒れてたら立てかけといてやる、いたって気のいい男でございます。そのうえ町でも評判の大変な親孝行ものですから、これを耳にしたお上が五貫文の褒美を下賜し、生活がなり行くよう町内の世話役に申し付けるのでした。そこで、大工ではまともに稼げないだろうというので、飴屋・飴売り「孝行糖」と名づけて売り歩かせると、これが大いに当たって飛ぶように売れるのですが……
http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug286.htm

             * * * * *

わたくし、体力維持とメタボ予防のために、自転車で散歩する「ポタリング」を楽しんでおります。日ごろの活動範囲内ポタならば、知らない道に迷い込んで適当に走っても、小さな見当外れはしても大きく外れることはないのです。しかし、遠く知らない町を訪ねたときに、小さな見当外れが大ミステークを引き起こすことがしばしば (^^♪

そこで、事前に地図を広げ、ルートを検索し、マーカーで線引きして、間違いそうな分岐点にコメントを付け……、これだけやっとけば、そうそう間違えることはないだろうと考えるのですが、いざ走りだしてしまうと、地図を見るのがついつい億劫になり、結果、小さな見当外れ → 大ミステーク。

暖かくなって本格的なポタリングシーズンを迎える前に、何とか手を打たなければ……、そうだハンディ・ナビを手に入れよう。と、思いついた2011年1月末、まさに我が愛車、8インチ極小径ポータブル自転車 Carry-me にピッタリの品物を見つけ、購入してしまいました。思い立ってから購入ボタンをポチッとしてブツが届くまで4日、優柔不断なわたしとしては決断が早かった。

メーカー:(株)ユピテル
商品名:「Atlas」ASG-CM12 Handy GPS Map

 
20110204_021

 ▲ 「Atlas」ASG-CM12 Handy GPS Map

GPS(global positioning system) 全地球測位システム、が示すように人工衛星からの電波を捉え、内臓地図上に今現在走っている場所を指し示してくれる。ひと昔前なら、007ジェームス・ボンドがミスターQから支給される秘密兵器も真っ青といった、嬉しい大人のおもちゃです。

 
20110204_002

 ▲ Carry-me への取り付け

ただ、残念なことにはナビゲーション機能がないので、事前にルートデータの作成・読み込みが必要となります。でも、このルート作成がまた楽しいんですな「あっちに行こうか? こっちにしようか?」ってね。現場で行き当たりバッタリ・ミスコース・ラッキーがなくなりそうなのがちょっと心残りですけど。

散歩から帰ったあとは、メモリーに記録されたデータをパソコンに吐き出し、実際に走ったコースを地図上にプロットしたり(アニメーション付き)、コースのアップダウン・グラフ表示や走行速度・グラフ表示、平均速度、最高速度、走行距離、走行時間、消費カロリーなどを管理することも可能になっています。

 
20110204_006

 ▲ 専用ソフトを使った走行軌跡表示(アニメーション)

さ~て、今度はどこへ行こうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »